その他の葉・花野菜, 資材, 健康

6/10
そろそろ、摘芯を兼ねて1回目の収穫をしようかな~

と、思っていた所に
「翌日13日は一日中 雨」
との予報を知った12日の夕暮れ。

6/12
葉柄2・3枚を残して 蔓先を摘芯。
6/12
有効成分が最も多く在る
若い葉だけを摘んで よく洗い、
毎度おなじみの食品乾燥機「プチマレンギ」
に投入しました。

この食品乾燥機「プチマレンギ」は
ヨーグルト、チーズ、鰹節、干し椎茸 等の
業界で使用されている乾燥機のメーカー
東明テック株式会社が
家庭用に製造した、本格派の食品乾燥機。
温度設定とタイマー付き、は
食品乾燥機たるもの当然ですが、
1℃きざみの温度設定が出来、
独自のセンサーで
温度低下時にだけ稼働し、とても省エネ。
かつ 小刻みにon-offを繰り返し
設定温度を極めて正確に忠実に保つ。
この、温度に関して狂いがないのが
さすが
プロ用のメーカーが作った物だと感じます。
その上、乾燥作業は
フィルターを通したきれいな空気で行い、
出来上がりまでの時間が一目でわかる
・・・と、
今まで使った事のある乾燥機の中で
一番高価ですが、一番ストレスが無く、
大変満足して使っております。

あと、
温度を保つ機能が優れているので
ヨーグルトなども上手く作れるのでしょうね、
専用トレーも付属していますが
これに関しては
私はまだ使った事がありません~




さて、
干し上がったようです。。。

6/14
カラカラサクサクに干し上がりました。
製粉機「よめっこさん」に入れやすいよう、
手で軽く砕いておきます。

次は、家庭用の製粉機「よめっこさん」。
ハンドブレンダーより、
フードプロセッサーより、
ミルミキサーより強力で、
抹茶級の微細な粉に出来ます。
どれくらい微細かというと、
粉砕後、ふたを開ける時、
超微細な粉が 煙のように
ゆらゆらと空気中に立ち上るほどです。

あと、
他社のも色々あるけど(知ってるけど)、
1万円以内で買えて、
部品が少なく、洗うのがラクで、
真面目な会社が地味に作ってて壊れない。
家庭用ならこれで十分です。

6/14


その他の葉・花野菜, 健康

5/31


部屋が暖か過ぎたようで、
越冬保管中に発芽してしまっていた
葉柄食用サツマイモ「スイオウ」の種芋。
仕方がないので
そのまま土に埋めて栽培を始めたのが5/1。


サツマイモにとっては
さすがに未だ寒過ぎなので
透明ビニールを掛けておいたのが
出芽し生長しています。

勢いも出てきたので
そろそろ摘芯も兼ねて
1回目の収穫が出来そうです。

5/13
5/17
5/21
5/27

キヌサヤ・エンドウ, 健康, 料理


キヌサヤ「安曇野30日PMR」は
極早生なので収穫最盛期は
もう少し早いはずなのですが
今が最盛期です。

これが最盛期の1回分の収穫量。


こ-んな沢山のキヌサヤを
ガッツリ食べれるのは
栽培している者だけでしょう。

これは、
旦那サンが好きな
「キヌサヤのベーコン炒め」.


採りたてのキヌサヤって、
甘くて柔らかくて歯触りが良くて
美味しいの。
でもコレ、
糖度が11度くらいあります。
って、スイカやミニトマト並み。
糖尿病の旦那サンには
あまり良くないんだけどね、
美味しいものを「みんなダメ」では
可哀想だからね・・・


ところで。

キヌサヤやエンドウって
連作障害がキツい作物のひとつですが、
連作障害って
どんな風に出るか ご存じかしら。
コレ↓です。

一応、3年空けてるそうなので、
これはまだマシな方です。
着莢までは なんとかいったのですから。
エンドウ類の連作障害は
伸びがストップし枯れていく事で起こります。
この株は、この草丈で終わります。


これは
私が育てたエンドウではないので
以前にマメ科を作付けた後
インターバルを何年あけての栽培なのか、
確かな記録があっての記載では
ありませんが、
栽培人に聞いたところ、
3年の間隔を空けたそうです。
ちなみにエンドウ類は
最低でも5年の間隔が必要です。

その他の葉・花野菜, 健康

暖冬の影響かな。芽が出てました。
去年の10月に掘り上げて新聞紙にくるみ、
発泡スチロールの箱に詰めて
越冬させたものです。


ここ最近
「シュガリミット」という、
代謝促進作用を利用した痩身サプリの
原料として知られてきた
「スイオウ葉」ですが、
我が家では
糖尿病(=代謝異常)の持病を持つ
旦那サンのために植えています。


本来、摂った糖質は
血液中に取り込まれ、全身を巡り、
細胞や筋肉を
維持・活動させるエネルギーとして
代謝(=消費)されるべきなのですが、
それに必要なインスリンの量が
十分でなかったら
糖は消費されないまま
そのまま血管内に存在して、
さらに 次の食事や 肝臓での脂肪代謝により
血糖は
ますます蓄積されていくばかりとなります。
これが糖尿病です。

そして スイオウ葉は、
「インスリン」(ホルモンの一種)
の分泌のために必要な、
「GLP‐1」(ホルモンの一種)
の分泌を促進する、
各種「カフェ酸誘導体」を多く含んでいる、
という事なのです。

ちょっとヤヤコシイけどね、
2・3日連続でこれを摂った後、
確かに
旦那サンの血糖値が安定して下がるので
良いんだと思います。


サツマイモを定植するには
まだまだ夜間の気温が低すぎるので
定植した後は
透明ビニールを被せておきます。
(最低気温が15℃を割らなくなるまで)

そして
収穫すべきは
葉っぱであり、芋ではないので、
種芋を植え付けた後は
肥料をやって
そのまま伸び放題に育てます。

雑穀・その他の子実, その他, 健康

3/21
もち麦「キラリモチ」が出穂していました。


我が家は
糖尿病で高脂血症で高血圧の
旦那サンがいるので、
基本的には糖質の高いメニューは
食卓には並びません。

でも、どーーーーしても食べたい時などに
玄米ご飯を炊いてあげるのですが、
もち麦を混ぜることによって
より安全な「毒食」となり
(我が家では高糖質な食品をこう呼んでます笑)
玄米100%で炊いた時のボソボソ感が
ガラリと変わって
モッチリした食感の
美味しいゴハンになります。

この、健康志向で
ちょっと前から流行ってる もち麦ですが、
皆さんは もうご存知かしら。

「キラリモチ」は
ポリフェノールの一種プロアントシアニジンを
ほとんど含まないため、
炊飯など加熱調理後も褐変しにくい 特性を持つ


どういう具合に
健康志向なのかというと、
糖の吸収を穏やかにする
食物繊維(β-グルカン=水溶性食物繊維)が
玄米の20倍もあるために、
Gl値やGL値
(どちらも血糖値の上げ具合を示す値)が
白米の半分程度なんですよね—。

さらに
その効果は次の食事の
血糖上昇も抑える
「セカンドミール効果」もあり、
2006~2013年の間において
アメリカやEU諸国やオセアニア、韓国など
世界各国の政府や食品協会等が
健康食品の普及啓発活動の際に
表示許容範囲を定めたほど、
「血糖値上昇抑制」

「血中コレステロール低下」
において 大麦効果は確かなもの。
でもね、
ちょびっとだけ食べたってダメですよ~
理想は、
多くの国では1日3g以上、とありますが、
とある国では
糖質30g摂取につき β-グルカン4g以上、
だそうです。
(でもそれって、
大麦100%の御飯になっちゃう。)

一方、
白米を炊いて食べる習慣がある日本では、
「大麦を白米と混合して炊く時は
50%以上混合しなければ
効果は得られない」と表現されています。


さて、出穂を迎え、
収穫が近い「キラリモチ」ですが
その特性を確認してみると・・・

「耐倒伏性に優れる」 は、
なるほど、
棹が太めで 草丈が低めでの出穂ですので
倒れにくいのですね。

「収量性はやや劣る」
これは、この麦が"二条大麦"だからですね。
実の付き方が
六条大麦は 1つの穂に6筋、
二条大麦は2筋ですから
1穂あたりの子実が
少ない事によるのでしょう。

あとは
「穂発芽性」が「易」!!
昔は 米でも、
実が入った後に長雨に当たると
立穂のままで発芽してしまい、
農家を絶望感でいっぱいにしたものです。
最近は品種改良が進み
殆ど見られなくなりましたが、
お米と違って麦は
品種改良など殆ど されないまま
今日に至っていますから
未だにそうなのでしょう。
私も、
これから天気に気を付けねば。

1/9
1/26
3/7
3/21

旅行, 健康, 家族

画像は公式サイトからお借りしました。


去年の記事(2019.2.18)でも
レポートしていますが―――
あの思い出がよっぽど良かったのね。
旦那サンは
昨年に続き、今年もまた、
シーズン最後の大会は
「高知龍馬マラソン」でエントリー。

血圧も、血糖値も、中性脂肪も、
この日のために
ずいぶん前から調整してきたので
去年よりは
良いコンディションですが、
油断は禁物ね。
「無理はしない」と
よくよく約束してもらって、の
出走です。

伊丹発 高知行きの飛行機は いつもプロペラ機です。
搭乗ゲートは一番端っこで、機内までは徒歩でアクセス。
「明日って、雨らしいね」
乗客のほとんどはランナーでした。


旦那サンは
すでに4日前に高知県入りしており、
私は 鳥やら、畑やら、子供等etc.
する事がいっぱいあるので
大会前日の夕方に
飛行機で ひとっ飛び、
宿泊先のホテルで待ち合わせ~


ホテルに着くと、
旦那サンは
チャリティーランナー(500円)の
ゼッケンで
こんな遊びをしていました。

そうでした。
むか~し、昔、
旦那サンは大学時代、
持久走同好会に入っていたんでした。

しかし・・・
この 暑苦しいノリは、
昭和ですな・・・

「爺」って・・・


そして翌 大会当日。
やはり雨でした。

高知県は日照時間日本一。
冬の快晴日は
抜けるような空の青、ぬる~い風で
海岸線の景色など
素晴らしいの一言ですのに、
本当に残念。

フィニッシュ会場。あとチョットよー!
旦那サンの同級生たちが
応援ツアーで来てくれました。
今も昔も、旦那サンは女性にモテモテです笑

ダイコン, 料理

「ハズレ」の紅芯大根たち


大根を一斉収穫したので
保存やら大量消費の術を
いろいろ考えるわけですが、
今日は
糖尿病にはとっても悪い、
(我が家では「毒食」と呼んでます笑)
「大根もち」の作り方を。


使用するダイコンは
水分少なめの品種の方が上手くできます。
「耐病総太り」は水分が多いので
大根餅作りには向きません。
我が家は「紅芯大根」で作ります。

大根もちは、
材料の準備さえ整えば 調理自体は簡単です。


【材料】

●大根(しりしり にする)    1.5㎏
●干しオキアミ       1カップ
 (水で戻しておく)       
●ベーコンみじん切り  200~300g
●干し椎茸         3~4枚
  (水で戻してみじん切り)    
●干し椎茸の戻し汁     1カップ
●青ネギ 輪切り        3本分
●上新粉           300g
  (同量の水で溶いておく)     
●片栗粉           300g
  (同量の水で溶いておく)     
●調味料            
  ニンニク(チューブ可)  大さじ2
  鶏ガラスープの素    大さじ2
  塩            小さじ2
  白胡椒(多めが美味しい) 小さじ1.5
五香粉(あれば)        適量

しりしり器。おろすよりラクですよ。
怪我をしないように気を付けて!
フライドオニオンは無くても良いけど・・・
入れる場合は、袋の上から揉んで粉々にしておきます
あと、青ネギの輪切りもね。
先ず、ベーコンを炒めて・・・
干しオキアミ・干し椎茸・ダイコン・(フライドオニオン)と
干し椎茸の戻し汁と、調味料を加えて・・・
混ぜながら「半煮え」くらいまで炒める
火をとめてから、
水溶き上新粉・水溶き片栗粉 を入れてよく混ぜ、
輪切りにした青ネギを加えて
トントンと叩いて空気を抜きながら
耐熱容器に入れて
さらに上からラップをします。
ここで、加熱する時に 中央が膨らむので
(ラップが破裂する場合があるのよ)
あらかじめ少し凹ませておきます。
(ハンバーグと一緒ね♪)
右のは凹ませかたが足りないですね・・・
不安だわ・・・
レンジで、透明っぽくなるまで加熱。
容量・W数にもよるけど、これくらいの量で
3分→休憩(余熱で調理)→3分です。
底を触って ちゃんと熱くなってるか確認してね。
粗熱をとってから冷蔵庫で一晩しっかり冷まします。
翌朝。しっかり固まっています。
ラップをひっぱり、耐熱容器からはずします。
でも、この状態だと ベタベタして切りにくいので、
型から抜いたラップで そのまま包み、
今度は冷凍庫へいれて、
包丁が入る程度の硬さまで 少し凍らせます。
シャーベットくらいの硬さになったら
1.5cm位の厚さに切り、
冷凍庫にストック。
これで、カリカリ・アツアツの病みつき軽食が
好きな時に食べれます。


これはね、
材料を見たらお判りのように
粉をたくさん使っているので
糖尿病の旦那サンには
食べさせてあげられないんです。

その上、この料理が
とっても美味しいという事を
旦那サンは知っているので
可愛そうで
作らないつもりでいたのだけど、
大量のダイコンを見てたら
作りたくなってしまって・・・
コッソリ、コッソリよ・・・

そういうわけで、
今日は旦那サンが 出掛けて居ないので
ちょっと食べようかな・・・

ごま油を多めに熱して、
凍ったままの大根もちを並べ、
両面を こんがり焼きます。
ポン酢や餃子のたれ(この前の小豆島マラソンの景品)を
つけて食べます。
カリカリ・もちもちで最高です。

健康


今日は旦那サンの検査日でした。

旦那サンは、
以前は、1.5ヶ月ごとに病院で測る
空腹時の血糖でさえ
150~190 (食後は300超え) という、
とっても
「×××!!!」
な状態で何年も過ごしていました。

だけど、
年を取って丸くなったのか、
「老後の幸せ」という欲望を
真剣に望み始めた頃から、
私が
あんなに言っても 使ってくれなかった
血糖測定器を
すんなり受け入れてくれて、
自分でパチパチやるようになり、
食後に血糖値が上がらないような
食事の仕方を いつも心掛け、
今では
完璧ではないにしろ、
血糖値は90~120 。

でも本当は
白いご飯が大好き。
お饅頭も、クッキーも、
お寿司も鰻丼もピラフも
大好きなのに、
食べたいのを我慢して
毎日、自分の血糖値と向き合って
頑張っているのです。

そんな旦那サンは
いつもそうですが、
検査の数日前からは、
なんだか より一層、一生懸命・・・笑
頻繫に血糖測定器で測っては、
10㎞強のランニングや
ウォーキングに出たり、
より厳しく 食べ物を選んだり、
なんとかして
もっと血糖値を下げようと
頑張るのよね~
そんな、付け刃(やいば)的に励んでも、
ヘモグロビンは
数週間分の平均値を示すのだから。。。
でも、
それでも、ちょっとでも良い数字が
出て欲しいっていう
気持ちも解るし、
そんな、
可愛い様子を見せる旦那サンが
愛おしく思えて
ニコニコ横で見ているだけの私。

1/21
今回は、セブンの
「金のバウムクーヘン」でしたか・・・


なので、
検査が終わったその日だけは、
日頃 ずーっと
「食べたい!食べたい!食べたい!」
と思い続けていたものを
思いっきり食べることにしています。
(主治医には報告していません)
(でもバレてます)

人は、
何もないまま、延々と
頑張り続けることは出来ないのです。

食べた後は、当然、こうです。


検査が終わった後の
昼ご飯は、
スイオウ葉粉 (2019.10.28記事)
を山盛り食べた後、
たいていお寿司屋さんへ夫婦でGo。
晩ご飯は、
白米と御飯の友(明太子とか漬物)と
アジの開き。

そうすると、
食べた後には決まって
物凄い眠気に襲われ、
2時間くらいは
どんなにしても起きません。
このまま、目覚めなかったら
どうしようかと思うくらい、深い眠り。

そして、
目覚めた後は、
再び 次の検査に向けて
摂生の日々を過ごすのです。

前回の検査後の「毒食」は、これでしたワ。
なんか、センスが「昭和」ですよね・・・笑

健康


昨日の続きです。


先ず、針の痛みについては、
解決は簡単。
細~い針を採用したメーカーを
選べば良いのです。
針の細さは数字が大きいほど細いので、
選ぶ時の参考になさって下さい。
因みに、旦那サンには
30Gという細さの針を使ってもらってますが
子供でも大丈夫そうなくらい
痛くないです。
メーカーによっては28Gとかもありますが、
痛いと思います。
中には25Gとか23Gなんてのも。
そんな針、太過ぎ!
あまりの痛さに殆どの人は
1度きりで測定をやめてしまうでしょう。
そんな粗悪品を
それとは知らずに
掴まされないようにね。

糖を検出する薬品を含んだ試験紙。
変質しやすく、
日本では有資格薬局しか販売できません。


さて、血糖測定器を使っていく上で
何が一番苦痛かというと、
採血の際の
皮膚の痛みもさることながら、
それはやはり
お財布の痛みではないかしら。
血糖を測るためには
①測定器本体
②穿刺器具
③針
④試験紙
の4つが要るのですが、
①~③はネットでサクッと見た限りでは
どのメーカーも
価格的に そんなに違いはないけどね、
④の試験紙が違うのですよ、実は。

この試験紙、
日本ではネット販売が禁止されていて
薬局に買いに行かねばならず、
しかも高いです。
変質しやすい薬品を含む試験紙は、
劣化したもので測定し
正しい数値が得られなかった事による
取り返しのつかない事故を招きやすく、
そういった事を防ぐため、
試験紙の保管・管理・販売を
高度管理医療機器の有資格薬局のみに
許可しています。
インスリンの自己注射を行っている
患者さん達の安全のためには
仕方ない事なのでしょうけど、、、
25~30枚で¥3,000~4,000。
一日に何回も測るのに、
保険のきかない、私達 血糖コントロール組は
そんなのムリよね~

Acon(エイコン)社の血糖測定器のリンクを
張り付けておいて差し上げたかったけど
楽天でもアマゾンでも売ってないので
購入の際は ご自分で
「糖尿病お助け隊」でググってね。


そこで、
知ってるのと知らないのとでは
大違いなのが、
Acon(エイコン)という会社。
糖尿病先進国であるアメリカの会社で、
性能について基準が厳しい
ヨーロッパ各国にも卸している
血糖測定器の老舗メーカーです。
いいですよ、このメーカー。
誤差が気になる
という人もいるようだけど
旦那サンが使っている限りにおいては
そんな事はあまり感じないです。
メーカー曰はくは
精度は99%と最高レベル(らしい)。
使用する針は最細の30Gだし、
定期便でお願いすれば
手間ナシだし、
①測定器本体②穿刺器具は
初回にプレゼントされるし、
消耗品の③針と④試験紙各200個ずつで
¥7,800なので(2020/1現在)、
良心的ですよね。
今年こそ、
血糖コントロール頑張ってみよう
と思う方、どうでしょうか。


ちなみに、
いろんな名前がいっぱい出てきて
私も最初、
ややこしくてよく解らなかったのですが…

糖尿測定器は、
アメリカ大手の Acon(エイコン)社製。
これを
日本人の社長さんが
サプリメント先進国であるアメリカで起業した
「ビューティーアンドヘルスリサーチ社」
(サプリのラインナップ名が
最近よく聞く「ドクターズチョイス」)
という会社が運営する、
「糖尿病お助け隊」という名前の
ネットショップから買う、
ということなんですね。
なんてややこしいのでしょう・・・

そんな感じで
操作上はネット購入と同じですが、
厳密には個人輸入しているわけです。
(私は化粧品やサプリメント等も
海外から個人輸入して使っています)
ここは 日本語スタッフによる
アフターサービスもちゃんとしてるし
日本語の説明書も入ってるので
心配ないから
頑張ってみては?

健康

血糖の測定に必要な4アイテム。


糖尿病及び 糖尿病予備軍の皆さま、
血糖測定器って
もちろんご存知ですよね。
自分で採血して
血糖値を測る装置のことです。

薬で対処する従来の糖尿病治療を
選択されるのであれば
コレは必ずしも必要でないかもしれませんが、
旦那サンのように、
薬に頼らず 食事や運動といった
生活の中の血糖コントロールで
自身のインスリン分泌能力を
もう一度取り戻す事を目指す
という治療を 選択される方は、
先ずは自分の血糖を
時間に則して正しく知る事が
出発点となります。
「だいたい」とかはダメです。
血糖の上下パターンは人によって様々。
血圧のように
時間帯やストレス等によっても
大きく変動するからです。
だけどお金も手間も掛かるし
血を採るなんて痛そうだし
なかなかその気になれない人の方が
多いのではないでしょうか。

旦那サンもね、長らくの間、
私がどんなに言っても
なかなか血糖測定器を
使ってくれませんでした。
・・・・が、それは昔のハナシ。
今は結構 面白がって一日何度も測ってますよ。
自分の体について
解らないで苦しむ事が減り、
通院時には検査結果に納得し、
前向きになりました。
そこで
今日と明日は
そんな旦那サンが
「目からウロコ」的に使用を受け入れた
血糖測定器をお伝えします。

これが 穿刺器。キャップをはずして
針をセットし
刺す深さは調節可能。旦那サンは「2」です。
これが試験紙。
測定器にセットすると電源が入ります。
約3秒で準備完了。
指に当ててボタンを押します。
1日10回以上、毎日挿しても痛くないです。
採血量はこれで十分。
おっと、撮り忘れたので
この写真だけ旦那サンの指です~
私(健常者)の食後の血糖値。
健康な人も食べれば上がります。
ただ、30分もすると下がり始めるんですけどね。
使い終わった針と試験紙は
危なくないよう配慮して、別にまとめて捨てます。


では、続きは明日。

家族

天照大御神と、我が家の氏神さまを祭る、神棚。
毎朝、家長である旦那サンが
朝一番の水と 洗い米と 盛塩をお供えし、
柏手を打っています。


新年あけましておめでとうございます。

昨年は、
ほとんどが畑と鳥の記事で
しかも
遅れ遅れなブログで
申し訳ない一年でした。

今年こそは・・・

19歳差の夫婦の珍道中。
なんとか健康を維持し、
お金を工面し、
なに事もそうだけど
目指せば必ず現れる 様々なハードルを
二人で ひとつずつこなしていく
等身大の記録を・・・
未来への雑感なども添えて、
書いていきたいです。

今年もよろしくお願いします。

こちらは、先祖を祭る祖霊舎(仏教でいう仏壇)。
神道の御供えは、「海の物・山の物・里の物」
肉・魚・卵も供えます。
旦那サンの健康を願ってエゴマ油(血液サラサラ)や
菊芋やスイオウ葉粉(血糖値)、
鳥たちのための粟穂も豊作祈願♪

その他の根野菜, 健康

12/29
まずまずの大きさ。
それにしても、芋の付き方が白キクイモとは違いますね。


普通のキクイモに加えて、
去年から栽培している紫キクイモ。
地上部が完全に枯れ上がったので
昨日の夕方に
一部を掘り上げてみました。

12/18
やっと、紫キクイモも枯れ上がりました。
12/29
地上部の枯れた残渣を処分し
一部を掘ってみます。


今回試し掘りした分を除き、
今年出来た
紫キクイモの根茎の殆どは
来年の種芋に回す予定なので、
残りは全部
掘らずに春までこのまま置きます。

資材, 健康, 料理


ダイコンがあまりに美味しいので
お料理が楽しいです。
そうなると よく作るのが
「ブリ大根」です。
ということで、今日は
美味しいブリ大根の作り方を。

コツは下処理にアリ。それは以下の4つ。
ちょっと面倒臭いけど、
このひと手間が、愛情よ♪


①アラでもカマでも良いので、
必ず骨付きの物を用意する。

骨から出るうま味をバカにしてはいけません。
試しにこれを、
骨なしのブリで作ってみたら解ります。
全く期待外れな味に仕上がります。


あらかじめ煮汁用の水に昆布を漬けておく

昆布のだしは、ゆっくり時間をかけて
水~99℃の間で出すもの。
沸騰させるとエグ味が出るからです。


③ブリを流水でよく洗い、
タワシを使って血液や臓物等を取り除く

入り組んだ所の掃除は丁寧に。


④調理を始める前に
常温に戻してをまぶしておく

肉や魚を調理前に常温に戻すのは
料理の基本ですね。
冷凍の肉や魚を調理すると
バサバサで美味しくないでしょう?
凍っていなくても、
低温の食材をいきなり加熱すれば
似たような理由で
美味しくなくなってしまうんです。
そして、塩を振ると
しみ出てきた水分と共に生臭みが取れ、
味が凝縮されます。

常温に戻し、表面全体に塩をまぶします。
しばらくすると水分が浮いてきます。
この水分に生臭みが溶け込んでいるので
ぐるっと丁寧に拭きます。
表裏とも軽く表面を焼く。
我が家の強火力両面グリルで4分です。


ここまで出来たら、あとは
大根と共に入れて煮込むだけなのですが、
今回は、
前回の検査で尿酸値が高かった旦那サンの
尿路結石予防のために
骨ごと食べられるブリ大根
を作ろうと思うので
圧力鍋で調理します。

コレ、知ってます?
アサヒ軽金属の「活力鍋」という名の圧力鍋。
圧力鍋では世界最高気圧です。
味付け済みの煮汁(昆布は取り除く)に
大根とブリを入れる。
圧力鍋って、どれもだいたい
一度に作れるのは鍋容量の2/3まで。
なので購入の際は一番大きい物をお薦めします。


圧力鍋だと関係ありませんが、
普通の鍋で調理する時は、
家庭菜園のダイコンの場合は
火の通りが早いので
魚と同時投入でも構いませんが
市販の繊維が硬いダイコンの場合は
軽く下茹で(レンジでチン)してからでも。

さて、では・・・調理開始。
蓋をして、
高圧用のオモリ(赤いやつ)を乗せ、
火にかけ 暫くすると
黄色いポッチが出てきます。
さらに暫くすると
シュッシュッという
蒸気機関車のような音と共に
オモリが左右に激しく揺れ始めます。

ここで、普通の煮物なら火を止めます。
この鍋が
「ゼロ分なべ」と言われる所以ですね。
ですが、今回は
骨まで食べられるブリ大根にするので
ここから40分間加熱し続けます。
オモリの揺れが
止まってしまわない程度にまで
火を弱めて、
タイマーをセット。
(実際には、ガスコンロの
自動消火タイマーを使っています)


40分経ったら火を消して、
そのまま放置。
黄色いポッチが再び中に入ったら
今度はふたを開けて
好みの濃さになるまで少し煮詰めます。
すでに箸でも崩れるほど
柔らかくなっているので
不必要にいじくらないようにね。

出来上がり。

ブロッコリ・カリフラワ, 健康


カリフラワーのトンネルネットは
高さ70㎝で作っていますが、
それでもこんな風にパンパンになります。
葉が展開できず
光合成の妨げになる等で
気になるようであれば、
今はもう
モンシロチョウは飛んでいないので
ネットは外しても良いとは思いますが、
甘くて美味しいカリフラワーなので
カラス除けを兼ねて、
私はこのままいきます。

カリフラワーの花蕾は
最初のうちは
立ち上がった中心の葉に隠れて見えませんが、
収穫出来る大きさになってくると
見えてきますので、
未だかと思って頂花蕾にかかる葉を
めくったり弄ったりしないようにね。
ちなみに、
こういう、きみどり色のカリフラワーは
普通の白色カリフラワーと違い、
花蕾黄化防止のための
遮光処理(縛葉、折葉)を必要としません。
この手間は結構苦痛なので、
省けるのはポイント高いです。
その上、美しく、
歯触りよく美味しいのですから、
私はもう、
白いカリフラワーは栽培しません。。。

12/23


見ると、
あれ???
確か、購入した苗は
「ロマネスコ」だった筈なんだけど・・・
コレって、「スパイラル」だよね?
もともと私は
スパイラルの方が良かったので嬉しいですが。

(上の写真の色の違いは、光源の違いです)


ところで、
この、冬野菜が甘くて美味しいのは
ジャガイモの記事でも書いた、
「低温糖化」
という現象によるものです。

この時期の
カリフラワーやダイコンやキャベツの
糖度は10度を超えてきますから、
(ex.ミニトマト8度スイカ11度メロン15度)
薬なしで 糖尿病と付き合っている
旦那サンには
あまり沢山の量は出せないのが
残念なところです。

家族

青竹は竹細工屋さんに用意してもらいますが
ハボタンは私が種から育てたもので、
杉や南天などは我が家の庭にあるものです。


皆さんのおうちは仏教でしょうか。
我が家は神道なので
お正月は
年神様をお迎えする、大切な行事。
今年も残り少なくなり、
クリスマスムードが高まる中、
お正月の準備も
いろいろと始まっています。

さて、その中のひとつに
「門松作り」があります。
12/13を過ぎたら、
29日と31日を除き、いつ飾っても良いので
私は年賀状の手配が完了した 次、
いま頃に作業しています。

神棚と祖霊舎(仏教でいう仏壇)への
毎朝のお供えは
一家の長である旦那サンが行っていますが
年末の この門松作りだけは なぜか・・・
毎年、私の担当なのよね。
松脂で指がベタベタになるし
結構、力も要るし 大変ですが、
この手間や労力を
「奉納する」という、
家庭内の、心の儀式です。


松・竹・梅はおめでたい松竹梅、
南天(ナンテン)は難を転じて福となす、
杉は寿命が長い、
柳は「家内喜」とも
しなやかで折れない、とも。

これは、ある年の餅花。
しだれ柳に切餅をつけて作ります。
後で食べるつもりがなければ
食紅ではなく、顔料を使うと色鮮やかです。

家族


数日前の事ですが――
結婚記念日でした。

今年のツリーは、例年に増して素敵だった


よく、夫婦もののエピソードで
「夫が結婚記念日を忘れていた」
なんてのがありますが、
我が家ではゼッタイにありません~
クリスマスムード真っただ中の
ウエディングでしたから、
この時期に入ると
街中が飾り立て始めるので
否が応でも連動してしまい、
ただでさえ
仲の良い夫婦の私達、
1週間以上も前から
「しみじみモード」に
入ってしまっております笑。


でも もし、
忘れてた~、なんて事があったら
それは・・・

「痴呆」を疑わなくては。

毎年、ソムリエの方が
花のプレゼントを用意してくれていて、
しばらくは眺めて暮らします。

旅行, 家族, 健康



マタマタ、
旦那サンのマラソンシーズンが
やって来ました。
今年は 先ず手始めに
香川県の小豆島で行われる
「瀬戸内海タートルフルマラソン全国大会」
に出走。

毎度の事ですが
マラソンは
夫婦の小旅行も兼ねており、
前泊して
オリーブとごま油と醤油を満喫し
温泉と魚料理も楽しんじゃう。


小豆島は瀬戸内海に浮かぶ島で、
島に渡るには
必ず何らかの船に乗らなければなりません。
私達は新岡山港から
フェリーで行くルートをチョイス。
こんな綺麗で立派なフェリーだったので
ちょっとビックリ。

 港に着くと、
テントが多数設営してあり、
どこからか演奏が聞こえます。
エントリー手続きやら
お弁当券の配布やら。
町を挙げての歓迎ムード満点です。


この、タートルマラソンは
瀬戸内のウミガメと
「兎と亀」のタートルとを
掛けているんですね。
順位や記録を目指すよりも
自身の健康と体力を
確認するために出走する人達のための
マラソンです。
「日本で最も、素人のための大会」
とチラシに書いてありました。

私の旦那サンにピッタリ♪笑

完走証と記念品のごま油をもらってご満悦~

家族


毎年、この時期になると
京都の妙心寺で行われる
故花園上皇(法皇)の献茶式と、
その後の精進料理、
そして薮内流家元によるお茶会に
招待してくださる方がいて、
有難く 出席させて頂いています。

これは、
妙心寺の和尚方の
「お茶を通じて人々の生活に
少しの潤いを与えたい」
の願いを受けて
薮内流十二代家元が
花園法皇忌に併せて献茶式を始めたもの。

薮内流は
幕末に御降嫁された皇女和宮のさまの
茶道指南役も務めた
由緒正しい流派です。

副席(お茶席)の会場は毎年変わります。
今年の副席は、長慶院ですね。


妙心寺は、
全国にある臨済宗(禅宗)妙心寺派の
3500寺院の頂点に立つお寺です。
花園上皇(鎌倉時代だよ)が
仏門に入る際に
花園御所をそのまま禅寺にしてしまった、
それが妙心寺。
創始者が花園法皇という、
とってもスゴいお寺なのです。
それから 今日まで
歴史上の様々な有力者に大切にされ、
その時代・時代の物語や
思い出の品などが多く眠っています。

これら48の塔頭寺院すべてで「妙心寺」。
長慶院はココです。

この、◯◯院といった寺院ですが、
妙心寺の和尚方が
それぞれ実際にそこで生活されており、
いわば、彼らの自宅なのです。

それを、
毎年 持ち回りで
この日だけは お茶席のために
場所を提供して下さるお陰で
私達は
普段 入る事の出来ない寺院にあがれ、
宝物を間近に眺めながら
お茶を頂けるのですね。

例えば
一昨年前は海福院だったのですが、
開基の福島正則は
安土桃山時代、
賤ヶ岳の七本槍の一人ですよね。
その賤ヶ岳の戦いで
一番槍・一番首として敵将を討ち取るという
大功を立てた時の、その槍が
ポン、と鴨居に掛けてありました。
私はそこで、
聚楽第(豊臣秀吉が建て
8年後に彼自身が破壊した豪華絢爛な幻の城)
の破壊跡の残土で焼いたという
御茶碗で抹茶をいただき、

今年は
長慶院(門は、鳥羽・伏見の戦いで
焼け残った伏見城の東門。
開基は、秀吉の正室おねの姉です)で、
家元の御厚意により
明治天皇下賜の御茶碗で頂きました。


ですが、というか、
そういう訳ですので、
いかに凄いお宝との一期一会であっても、
このような席で
写真を撮ったりなどは
畏敬の念を欠いた、下品で愚かな行為。
とても出来ない事です。
茶席は
もてなす側と もてなされる側の
心で成り立っているのだと私は思います。
言うなれば、
「心の一期一会」
茶の湯の心得という点では
全く至らぬ私なのですから、
自分のための行為(=写真を撮ること)
などはせず、
せめて100%の心をあちらに向けて
その もてなしの心を
受け取ることに全力でいたいのです。

なので
これだけ素晴らしい席だと
書いておきながら画像ナシですが、
許してくださいね。


人の、畳を歩く
シュッ・・シュッ・・という衣擦れの音や、
湯を注ぐ時の 静かな音に
吸い込まれそうなひととき、
また、
しつらえられた調度品や御道具、御菓子の
解説に耳を澄ませ、
ゆったりとした時間を楽しみました。

そして お茶を頂戴した後は、
長慶院の
濡れて苔むした庭を暫く眺めた後、
あちこちで色付き始めた紅葉を見ながら
妙心寺の境内をグルッと歩いて
家に帰りました。

雑穀・その他の子実, その他, 健康


以前、6/18の記事でご紹介した
もち性で美味しい
六条大麦「ダイシモチ」ですが、
今年は
二条大麦の「キラリモチ」を
栽培してみます。

最近「もち麦」とかいって
流行ってる、アレです。
といっても、
今は栽培面積が得られないので
人間は殆ど購入したものを食べていて、
コレを主に食べているのは
もっぱらインコ達ですけどね。


もち麦は、
Gl値(血糖値の上げ具合を示す値)が60以下。
さらに糖の吸収を穏やかにする
食物繊維(β-グルカン=水溶性食物繊維)が
玄米の20倍もあり、
炊いた時に
玄米のようなボソボソ感がなくもっちり、
ということでした(6/18記事)。

その上、この「キラリモチ」は
ポリフェノールの一種プロアントシアニジンを
ほとんど含まないため、
炊飯など加熱調理後も褐変しにくいらしい。
この、「白さを保つ」に
魅かれての栽培です。


その他の特性は・・・
「収量性はやや劣る」ようですが、
そんなの、栽培面積で稼ぎますわ。
ド田舎に帰れば
土地だけは果てしなくありますから笑。
あと、
「耐倒伏性に優れる」とありますね。
これはありがたいです。
穂バラミ期以降、頭が重くなってくると、
強風など吹けば
倒れて 難儀しますからね。
それから
「穂発芽性」が「易」。
これは 気を付けねばなりません。
昔は、お米などでも
実が入った後に長雨に当たると
立穂のままで発芽してしまい、
農家を絶望感でいっぱいにしたものです。
最近は品種改良が進み
殆ど見られなくなりましたが、
お米と違って麦は
品種改良など殆ど されないまま
今日に至っていますから
未だにそうなのでしょう。
私も、
収穫時には気を付けたいと思います。


本日種を蒔きました。

食用菊, 料理

「もってのほか」が最盛期です。
なかなか綺麗ですよね。


そもそも、コレを栽培し始めたのが
旦那サンの
「これ作ってくれ~」でした。
丁度この時期に
新潟県に訪問することがあって
ふと入ったお店で、
プチプチとした初めての食感の甘酢漬けに
すっかり魅せられて帰ってきた。
そして 手には、
あちらの人から貰ってきたらしい
作り方の紙が。


以来、毎年この時期になると
食用菊「もってのほか」の甘酢漬けを
作っています。

しっかり開いたものだけを選んで
花首を刈り取って収穫します。


食用となるのは 外側の花ビラだけ。
真ん中の部分は
美味しくない(苦い)ので 捨てます。
この作業が一番 大変なんだけど
私はいつものように
キッチンに椅子を持って来て、
外側の花ビラを 延々と
ムシって ムシって ムシりまくります。
そして
花ビラは水に浮くので洗いにくいですが
何度か水を替えながら
頑張って洗います。

たっぷりの湯を沸かし、
酢を少し(コップ1/4位)必ず入れます。
(入れないと色良く仕上がりません。)
酢は、穀物酢でも米酢でも 何でもよいです。
そこへ、洗い上がった花ビラを一気に入れて・・・
サッと茹でたら
ザルにあげて、冷水を当てて熱を取ります。
また、
今回のように沢山採れた時は 冷凍保存も出来ます。
その場合は、この時点で水けを絞った後、少しほぐしてから
ジップロックに入れて冷凍庫へ。
好みの味に 甘酢を作ります。
我が家は糖尿病の旦那サンのために
砂糖ではなくエリスリトールを使っています。
あんまり美味しくないけど、もう慣れました。
手でギュッと絞って水けをきり、
手でほぐしながら甘酢に漬けていきます。
しばらくすると色が冴えてきます。
出来上がり。