スイカ, ショウガ, その他の葉・花野菜, 畑のその他

パセリがしんどそうです。


長過ぎる梅雨の影響で
日照不足はいよいよ深刻になってきました。
病気が蔓延するのは
決まってこういう年です。
(野菜の値段が高騰するでしょうね・・・)
私の畑も
どんどん枯れていきます。
しかたありません・・・
百姓はお天気様には勝てないのです・・・

スイカ
メロン
ネマキング
ショウガ
ツルムラサキ


普通、ツルムラサキが花を付けるは
10月なのですが、
ツルムラサキは短日植物なので
最近の日照不足で 薄暗い日が続き
秋が来たと勘違いしてしまったみたい。
こんな事は初めてだわ。

ショウガ

「1枚目の葉が開く頃に」と書いたのに
既に5~6枚の葉が開いてしまってますが。
やっと梅雨の中晴れになりましたので、
1回目の追肥をし、土を乗せます。
その上に少しワラを乗せました。

ショウガの1回目の追肥は
たいてい、
梅雨の中休み(中晴れ)期
になる事が多いと思います。
梅雨が明け、猛暑がやって来たら
いよいよショウガは
肥大期に入りますので
この追肥は 遅れずに行います。


【追肥 1回目】
油粕       300g/㎡
アグロ加里     30g/㎡

そして
ショウガの追肥は
土を掘って施肥するのでは
根茎を痛める危険性が高いので
肥料は上に撒いて、
1回目の追肥時は 土を、
2回目以降は
土ではなく、ワラや刈草などを
その上に乗せていくようにします。
これは土寄せを兼ねていて、
大きく、形よく、柔らかく風味豊かな
ショウガを得るためのコツよ。

6/7
6/10
6/19

ヤマイモ

6/19
1回目の追肥


4/17に発芽を確認した
短形ヤマイモ「ネバリイモ」。

6月下旬頃までは
種芋の養分と元肥で育ちますが、
そろそろ追肥のシーズンです。
肥切れを起こすと
芋にエグ味が出たり、
アクが強くなったりで良くないので
梅雨が明けてグングン伸び始める前に
必ず追肥を済ませます。


【追肥】
油粕         150g/㎡
アグロ加里      30g /㎡

4/17 発芽確認
あっという間に蔓が延びてきて、
空中でゆらゆらし始めるので
折れないように 早めに支柱を立てて 添わせます。
5/3
支柱を組み上げました。
5/12
5/20
5/24
5/28
6/10
明日から梅雨入りとの事。
過湿が懸念される畑なのでワラを少し乗せました。
6/19
明日から‟梅雨の中休み”で、
しばらくの間 晴れが続くとの事。
ちょうど良いので1回目の追肥しました。

タマネギ

6/9 「もみじ3号」収穫
長期貯蔵用には
大きくなり過ぎていないタマネギを。


明後日から
いよいよ梅雨入りとの事、
貯蔵用タマネギを最終収穫しました。
その際、
葉はつけたままの収穫とし、
葉が折れていない物と
折れている物に分け、
夕方まで畑に転がして、
太陽光で尻を乾かします。

そして その日の夕方。

タマネギは大きくなり過ぎた物は
貯蔵成績が悪いので、
切り玉にしてキッチンに直行。
タマネギ氷や、
刻んで冷凍ストックにしたり
外皮を乾燥後、シンク横に常備して
お盆くらいまでに使うようにします。

デカデカ玉葱。
嬉しいけど・・・貯蔵向きではありません。


残りの
大きくなり過ぎていない物は
貯蔵用として、
陽も雨も当たらず 風通しの良い場所に
新聞紙を敷いて タマネギを並べ、
葉がシナシナになるまで置きます。
(この時点で、収穫時より
ひと回りは大きくなっています)

後日、これらは
ひもで縛って吊るして保存するのですが、
これらの内、
葉が折れる前に収穫した物は
秋ぐらいまでに使用。
葉が折れて収穫した物(首が締まった物)は
年末くらいまでに使用。

種苗会社は
2~3月まで貯蔵可能と言うけれどね、
芽が動いてくるからね、
賞味期限は
せいぜい1月上旬までだと思います。

ニンニク

5/30



明日は雨だそうなので
土が乾いているうちに・・・
と、
手が回らず、旧農地で
大して世話も施されないままになってた
ニンニクを今日収穫しました。

懸念してた、
二次生長してしまってるものも少なくて、
玉は小振りだけど
鱗片はプクプクによく太っており
思ったより良かったです。

あ~あ・・・ 草だらけ・・・


ところで、
これは私の畑ではないんだけど・・・
トウを摘まずに そのまま咲かせると
ニンニクの花ってこんなのよ。

ダイコン

5/29


毎年、早春作として作る
白長二十日大根「アイシクル」ですが
今年は遅れていて、
5/4蒔きでギリギリでした。

というのも、
無農薬栽培なので
あの黒いイモムシ「カブラハバチ」
との競争だからです。
ダイコンが幼株のうちに、
あのイモムシが大発生すると
あっという間に
葉が丸坊主になって終わってしまうので
彼らが跳梁跋扈する前に
根の肥大を完了するべく、
早春蒔きとしているのです。

やはりこれは、
もっと早くに蒔かなくては。。。

5/10
5/19
5/21 間引き
間引きの間隔は だいたい1cm間隔ね。
5/27 収穫開始
5/29
カブラハバチが ちらほら出て来てます。
それに気温が高い頃なのでス入りも早いです。
根が肥大したものから収穫しますが
在圃期間は4~5日以内ですね。

ショウガ


大きなショウガを収穫するための
第一歩は
この、出芽をいかに早くさせるかにあります。
なので 皆さんも
出芽促進のために
保温用の不織布や透明ビニール
を掛けてあると思いますが
一番芽を折ってしまうと
その後の生育が良くないので
被覆資材は早めに外しておいてね。

私の所では ショウガの出芽は
毎年、だいたい5月下旬には始まるので
用心のため 5月中旬には外しています。


最初の追肥は
1枚目の葉が開いた頃、
・・・6月中旬頃でしょうか。
に行いますので、それまでは
適度な潅水以外 何もすることはありません。

タマネギ

貯蔵用タマネギ「もみじ3号」


貯蔵用タマネギ「もみじ3号」が
収穫間近となりました。
この品種の収穫は
6月上旬なので もうすぐ。

で、
クドイようですが、
タマネギは水で太ります。
特に肥大中のタマネギは乾燥厳禁ね。
葉が折れ始めるまでは
しっかり水遣りをして、
折れ始めたらピタッと止めます。
そして
首がクタッとなるまで待ち、
晴天続きを待ち、
土がカラカラになるのを待って
収穫です。

3/30
4/10
4/21
5/3
5/13
5/24
5/24
貯蔵用赤タマネギ「緋蔵っ子」はこんな感じ。

タマネギ


大きくなったものから
どんどん食べていくスタイルの
極早生タマネギですが、
葉が折れてだいぶ経ち、
しかもマルチの下で肥大してしまっており、
これ以上置いておくと
ダメになってしまうので
そろそろ全部を収穫しなければ。

今日は午後から雨が降るというので
急いで収穫しました。

4/5 収穫開始
収穫2日後の撮影。
陽が当たらず風通しの良い所に
首がもう少し細くなるまで並べておき(さらに肥大する)、
紐で吊るしておけば1ヵ月程は保ちます。

ショウガ, 資材


先週、
高知県のショウガ名人から
種ショウガが届きました。
品種は今年も「土佐一」です。
すでに芽出しが施された状態で、
ありがたい事です。

種ショウガはこのサイズ(200~250g)。
100g以下では
馬力のある芽は出ません。(名人談)


雨続きでなかなか畑が乾かず、
明日もまた雨。
一向に植える機会が得られず
日が延びましたが
もう、エイやぁっ!
と植えてしまいました。

通路に水が溜まっている、
その水位よりは高い位置に・・・
(↑コレが大事。)
悪条件の中でも
腐敗に向かわず しっかり芽吹くよう、
例のフランスコフナを
植穴の土に混ぜ、
慎重に種ショウガを置いていきます。

植え付けは15cmの深さに、とか
よく言うけど、
どのみち 後で
土やらワラやらをモリモリに盛るのです。
今は、覆土が薄くても構いません。
むしろ覆土が薄い方が
太陽光による温度を得やすく
萌芽が早まり、生育に有利です。
それよりも、
何度も書きますが、大事なのは
降雨時、地下水位の上に
種ショウガがあることです。

私は深さ10cm程で 種ショウガを置き、
覆土は5cm程で やっています。
お昼間は暖かいけど
まだ夜の気温が低いので
保温のために不織布を掛けて
出来上がり。
これで発芽は5月末ぐらいかな。
(大きなショウガを得るコツは
早い萌芽です♪)

生姜パウダー。
作っておくと、年中重宝します。


ヤマイモ

ヤマイモの芽は
折れやすいので気を付けてね。


ヤマイモは発芽から5~6週間は
種芋の栄養分で育ちます。
なので
1回目の追肥は6月中下旬頃。
それまでは
支柱を組み上げて誘引し
過乾燥と過湿にだけ気を付けて
管理します。
でもまだ
ワラ等は乗せないでね。
太陽光を遮ってしまうので
地温が上がりにくくなってしまうから~

ニンニク


大きなニンニクを収穫しようと、
花茎が出現したら「早めに」
摘み取る人がいますが、
それは間違いです。
でも、コレ(↑画像)はダメ。
こんな風に 丁寧なお辞儀くらい
曲がってからでは遅過ぎです。
会釈くらいの曲がり加減の時がベストよ。

2/14
寒さで一旦、枯れます
3/26
春になり、再び生長を始めます
4/8
これは まだ直立。長さも短い。
未だ ちょっと早い。。。

ちなみに、
あまりに早く摘蕾してしまうと、
せっかく
栄養生長(茎葉の伸長)を止めて
生殖生長(花芽形成→鱗片肥大)に
シフトチェンジしていたのが、
再び栄養生長へと戻り、
茎葉を茂らせる方向へ
いってしまいます。
(鱗片それぞれから
何本も茎が伸びた状態になる)
これを二次生長と言い、
食べても毒ではないので
家庭菜園では問題ないとはいえ、
ニンニク球は小さいわ、
カッコ悪いわ、で
収穫の喜び が半減します。

※窒素の遅効きも
二次生長を誘発します。
止め肥は
窒素少な目で3月上旬までにね。

ヤマイモ

4/5


毎年植えるヤマイモの品種は
「ネバリイモ」。
今年は、
国華園さんから 取り寄せてみました。

―――が、
ちょっと・・・
やはり値段相応というか・・・
まぁ、これでも
ちゃんと出来るとは思いますが。

去年までの
サカタのタネさんの種芋が
立派だったので
ちょっぴりガッカリしたのだけど、
気を取り直して植えます。

国華園さんの「ネバリイモ」の種芋
去年取り寄せた、サカタのタネさんの
「ネバリイモ」の種芋


ヤマイモはジャガイモとは逆で、
種芋の下に新芋が出来ます。
なので、
種芋は浅めに
そして新芋の育成に邪魔にならないよう
斜めに植えます。

イメージ


そして
過湿と過乾燥と低温に弱い
ヤマイモですので、
GW前の萌芽直前まで
透明マルチを付けて保温します。
でも、
最初の芽が折れると
後の生長に影響するので
最低でも その部分は
早めにはずしてね。


因みに先に言っておくと、
このマルチは
このままだと
今度は真夏の高温で
煮えてしまうので
6月上旬には全部はずします。
そして、
追肥をし、雨を待ち、
1日分の雨をしっかり入れた後、
敷きわらを厚く(15cm位)積みます。

タマネギ

3/28
極早生タマネギ「サラダ玉葱」


例年なら、この時期は
マルチ内の土が乾燥しやすく、
潅水やら降雨やらを
得やすくするために
肥大が進む3月中頃には
マルチをはがしてしまうのですが 、
今年は雨が多く、
マルチを取らなくても適湿状態が続き、
潅水も必要なく 放ったらかし。
そうして
新農地の整備で忙しくしていたら
あれよあれよという間に、
マルチの中で肥大してしまった…
これって
玉が蒸れて良くないよね。。。

でも、今更
マルチを抜き取るのは大変だし、
食べるスピードも早いから
このままマルチ付きで
収穫していくことにします。

3/13
3/21
マルチの中で肥大してしまい、見えませんね・・・
3/28
極早生タマネギは
葉が折れる折れないれないにかかわらず、
大きくなった物からどんどん食べていきます。

ショウガ


ショウガの圃場準備については
去年書いたものが
解りやすくよく書けていると思うので、
それを基に
多少加筆して今回の記事にいたします。

〈以下 添付〉

ショウガは まず、
栽培する場所を選ばねばなりません。
絶対に 忘れてはならない事は
ジャガイモの近くではないこと!
ジャガイモの跡地でもないこと!
これが重要です。
必ず(私の経験では100%)疫病を得ます。
「ショウガ畑の中に、
ジャガイモの茎を1本放り投げると、
そこを中心に
半径2mに亘って影響が及ぶ」
と言われているほど、キツイです。

ちょっとピンボケですが・・・
去年の収穫です


次に元肥ですが、
ショウガは芽が動き始めてから
2か月間は
ショウガ自身の養分で大きくなるので
肥料はそんなに要りません。
ですから本格的に肥料をやるのは
6月の追肥からにして、
4月に施す元肥は
窒素を少な目にします。
(成分量で10g/1㎡)
ただ、リン酸は
元肥で全量を入れる必要があるので
ドンと入れます。
これは、なぜかというと、
リン酸は効き始めのスタートが遅く、
ゆっくり少しずつ効くからです。


苦土石灰は、
前作で投入している場合は
今回は入れません。
先にも書いたように、
石灰過多を避けるためです。
加えてまた、
土がアルカリに傾くと
とたんに出来が悪くなる作物に
ショウガも入っているからです。
また、
排水性に不安の残る 新農地なので
ぜひとも
酸素供給剤ネオカルオキソ
を使用したいところなのですが
かなりの石灰分を含むネオカルオキソは
前述の理由から、
1㎡あたり50g以上使用しないよう
注意が必要です。


【元肥】

①腐葉土・堆肥等    3kg/㎡
②フランスコフナ  500g/㎡
③ネオカルオキソ    40g/㎡
(or熔リン 50g/㎡)
④油粕        200g/㎡
骨粉       100g/㎡
 アグロ加里    30g/㎡

若しくは
④配合肥料(5-5-5) 300g/㎡
(化成肥料じゃないよ)

上記の④はどちらかを選びます。

これを
植え付けの 2週間前以上前に済ませ
1日分の雨を入れた後、
透明ビニールを張って
地温を高めておきます。

ヤマイモ


ヤマイモは
意外と肥料食いです。
且つ 肥切れ厳禁(アクが強くなる)。
そして
アルカリ土壌を嫌うので、
前作で石灰を投入した畑なら
ほとんどの場合で石灰類は不要です。


【元肥】
①腐葉土・堆肥等  3kg/㎡
②フランスコフナ  500g/㎡
③苦土石灰      ナシ
orネオカルオキソ    
④油粕       500g/㎡
骨粉       100g/㎡
 アグロ加里    100g/㎡

若しくは
④発酵鶏糞      700g/㎡

若しくは
④配合肥料(5-5-5) 600g/㎡
(化成肥料じゃないよ)


上記の④はどれかを選び、
深耕・全面施肥します。
そして
水をたっぷり掛け
高めに畝立てしたところに
地温確保のため 透明マルチをかけて
2週間以上おきます。
(ヤマイモは肥焼けしやすいので)

タマネギ

3回目の追肥をする箇所は、1回目と同じこの場所です。


貯蔵用タマネギの3回目の追肥は
「貯蔵」用であるがゆえに重要です。
そして難しい・・・

その目指すべきところを
一言で言うと、
「玉が太り始めた時には
窒素が土壌に残っていない事」
を実現しつつ
「マトモなタマネギが収穫出来るよう
しっかり施肥をする」

この相反する要素の すき間スレスレを
行く感じで施肥を行う必要があり、
これが実現出来ていないと
貯蔵中の腐敗が多くなります。

でも大丈夫。これを、
専門的な知識を持たない家庭菜園人でも
十分なリスクヘッジが得られるよう
提案された言葉が
「貯蔵用タマネギの最終追肥は
化成肥料で3月上旬まで」
なんですね。
この言葉通りに施肥をすれば
無難にまずまずの収穫が得られるので
良いと思います。

ですが私は
さらに工夫(さらに欲張り?)して
3回目の追肥には
化成肥料(8-8-8)は使わず、
固形の物はリンとカリのみにして
窒素分は硫安水で施しています。

硫安の窒素分は
即効性で肥効も短く
さらに
タマネギの有効成分で玉肥大にも関与する
硫化アリルの元となる硫黄を
供給できるという点で
使用に意味があります。
そして ネギ類はリンで太るので
リン酸分はここに来て多めです。
それと、肥大が始まったら
乾燥厳禁!
しっかり水遣りしてね。


【追肥3回目】
        (貯蔵用のみ)
リンカリ肥料(1ヶ月肥効)    20g/㎡
過リン酸石灰         20g/㎡
硫安水   硫安大さじ平盛1+水5L/㎡
      ※硫安は硫黄の補給に有効です

タマネギ

3/7 極早生タマネギ「サラダ玉葱」
葉に勢いがあります。


極早生タマネギ「サラダ玉葱」が
どんどん太っています。
この感じだと、
3月の中旬あたりから
ボツボツ収穫を開始できそう。
(私は 極早生タマネギは
大きくなった物から順に食べていく派です)
これは、
暖地並みの生育の早さですね。

前回にも書きましたが、
極早生タマネギは
貯蔵する訳ではないので
私は2月中旬での
厳密な肥止めはしません。
かと言って、
普通の粒状の化成肥料やリン肥料は
施肥しませんが。


   【+α 追肥】 ※私流

硫安水  硫安大さじ平盛1+水5L/㎡
         ※硫安は硫黄の補給に有効です



収穫開始が早まりそうなので
迷いましたが、
例年通りに、硫安水を追肥しました。

そして、
絶妙な感覚で雨が降ってくれてるので
今年は ラクですが
タマネギは太り始めたら
乾燥厳禁なので
水遣りをこまめにね。

(2/13記事)
2/27
3/7

ダイコン

真ん中の株が「当たり」ですね。
この程度の ちょっとした切込みは大丈夫。


さて、紅芯大根には
「当たり」と「ハズレ」
があるのを前にも書きました。
この大根の価値は
根部の濃ピンク色が
キレイに出てこそなので、
なるべくなら
濃ピンク色の物ばかりを栽培したく、
間引きの際によくよく選抜するのですが
今年のように、事情があって
購入した種で栽培すると
ほとんど「当たり」が無くて
選びようがない年もあります。
そこで、
始めから固定種の種を選んで栽培し、
種の選抜を行って
「当たり」を得る
精度を上げていくという目論見を・・・



今年は暖冬で
2/9に早めに一斉収穫した紅芯大根。
それらの内、
明らかに「ハズレ」っぽいものは
先に「大根もち」などに
利用することにして、
残った それ以外のダイコンに、
少し根部に切込みを入れて
中の色合いを確かめます(上の写真)。

そしてそれを
周囲にアブラナ科の植物がない場所に
植えなおし、
花を咲かせて種を採ります。

タマネギ

2/13
立春を過ぎたあたりから、ようやく大きくなり始めた感じ。


貯蔵用タマネギ「もみじ3号」です。
冬の間、地上部は全くと言っていいほど
生長せずにいましたが
そろそろ動き始めました。
タマネギの生長のスイッチは
温度ではなく 日長に因るので、
同じ品種ばかり作っていると
春の動き始めが
ほぼ同じ日になるので面白いです。
この時点で
地下で大きく根を張ることが出来ている株は
この後、大きな玉になります。


先日(1/26)補植した苗も
無事 活着したもよう。
当然、根張りは小さいので
こちらは、
上手くいっても
M玉くらいの大きさでの収穫になります。

2/13
なるべく根の先に肥料があるようにしたいので、
今回 施肥する場所は
ベッド畝の両肩と、苗4本の中央、ココです。
押さえのために乗せている支柱をちょっとずらして
極細コテを 突き立てて
マルチごと 深さ4~5cmの穴をあけ・・・
肥料をいれていきます。


【追肥2回目】

化成肥料(8-8-8)       50g/㎡
リンカリ肥料(1ヶ月肥効)   10g/㎡
過リン酸石灰         10g/㎡
硫安水   硫安大さじ平盛1+水5L/㎡
      ※硫安は硫黄の補給に有効です


では、1回目の追肥(1/9)をした後の様子を、
ダイアリーでどうぞ。↓

1/19
貯蔵用タマネギは活着後、地上部は生長が止まり、
見た目ではほとんど大きくなっていません。
1/25
未だ眠ったままですが、そろそろ動き始める頃です。
2/5
大きくなり始めました。
1回目の追肥がここで十分に効いてくれていないと、
小株で終わることになるので、
やはり追肥は化成肥料が良いですね。
2/13
そして今日、1回目の肥効が切れないうちに
2回目の追肥。