ナス


7月末から8月初めにかけては、
恒例のナスの切り戻し剪定。

これは、
生り疲れや害虫などの影響で、
どのみち、良果が収穫出来なくなる8月に
一旦収穫を中断し、株を養生させ、
お盆明けから
再び秋ナスとして 収穫を再開する、
というものです。
3週間ばかりの間 収穫は無くなりますが、
ナスの樹は、
それまでの疲れを一旦リセットできるので
秋ナス収穫時には
充実した良い実が
たくさん収穫出来るようになるので
おすすめです。

7/8
7/14
7/21
7/21
7/31
実を全部取った状態。
テントウムシダマシ害で葉が穴だらけですね。

では、まず、
大きな葉を 全て切り落とし、
実も花も全て除去します。
蕾も除去しますが、
発生したての小さな蕾は
少し(株全体で5個位まで)残します。

そして、
支柱に結んである主枝4本を、
支柱より少し短いぐらいでカットし、

あとは、
主枝4本仕立てを軸に、
全体のバランスと 芽の向きを考えながら
1本の主枝に新芽が4つ程度になるよう
数を調整します。
側枝はこの時に
多くを整理してしまいますが
空間が空いているところにあれば
短く剪定し1~2芽のみ残します。

そして最後に、新根の発生を促すため、
「根切り」をします。
株元から40cmほど離れた所
2~3か所に
シャベルの刃を
まっすぐ垂直に差し入れ、
根の一部を切ります。

さらにその先に
(つまり株元から60cmほど離れた所)
化成肥料 通常の倍の量で施肥し、
しっかりと潅水します。

これは、
地上の更新を大量に行う時には
地下の更新もあることが
望ましいからです。

今回の作業は これで終わり。
あとは、お盆の頃から
1週間おきに3回くらいの施肥、
で、気温的に終了となるでしょう。
    (2019.7.31同記事)

8/1 これが・・・
8/1 こうなる。

ショウガ, スイカ, その他の葉・花野菜, 畑のその他

パセリがしんどそうです。


長過ぎる梅雨の影響で
日照不足はいよいよ深刻になってきました。
病気が蔓延するのは
決まってこういう年です。
(野菜の値段が高騰するでしょうね・・・)
私の畑も
どんどん枯れていきます。
しかたありません・・・
百姓はお天気様には勝てないのです・・・

スイカ
メロン
ネマキング
ショウガ
ツルムラサキ


普通、ツルムラサキが花を付けるは
10月なのですが、
ツルムラサキは短日植物なので
最近の日照不足で 薄暗い日が続き
秋が来たと勘違いしてしまったみたい。
こんな事は初めてだわ。

メロン

7/28
1本仕立て「マリアージュ」

収穫予定日が8/1(受粉後53日)だった、
1本仕立ての「マリアージュ」 が
案の定、蔓が保たずに
栽培途中で終了となりました。
あと、もう少しだったのに・・・ オシイ!!
ただ、今年は高温による枯れではなく
おそらく日照不足によるもの。
どっちにしろ、
やはり関西でネットメロン栽培は
難しいですね。

7/2
1本仕立て「マリアージュ」
受粉後23日。
7/8
1本仕立て「マリアージュ」
受粉後29日。
例年なら 猛暑開始となるこの時期ですが
まだ梅雨明けしておらず、未だ ツルは健全なままです。
もしかすると完熟収穫出来るかな・・・
7/21
長引く梅雨により 猛暑は免れていますが、
さすがに日照不足の影響が出てきました。
ツルの先端から枯れてきています。
7/24
受粉後45日。
ううう・・・やはりメロンの蔓もちは
せいぜい7月中下旬が限度までですね。
この時点で、光合成が殆ど出来ない状態なので
これ以上 樹上に置いておいても仕方がないのですが
ブログ記事のため、このままもう少し観察を続けます。
7/28
1本仕立て「マリアージュ」
受粉後49日。
完全に枯れました。撤収します。
7/28
一方、3本仕立ての「レノン」は
根量も葉量も多いので まだマシですが、
葉先の枯れは進んできていますので
撤収は時間の問題でしょう・・・


さて、
ツルが機能しなくなってから数日間、
樹上で追熟した形になった
約1週間日足らずの「マリアージュ」を
旦那サンと試食してみました。

肉厚で可食部が多いのが特徴の
「マリアージュ」
果肉も柔らかく、十分に甘くて美味しいです。
でも、やっぱり"日足らず"ですね。
柔らかくて美味しいのは中心部だけで
樹上での登熟が至らなかった外側はまだ硬く、
追熟の効果も及んでいませんでした。

ピーマン類

7/17

日照不足で
生長が どうも緩慢な気がする
ピーマンとパプリカ。

パプリカは、
着果負担を軽くするため
赤や黄色に色付かせないまま(緑色)の
間引き収穫を多くしてきましたが
最初の頃に着果し残しておいた
いくつかの子実が色付き、
収穫しました。

6/17
追肥は、だいたい2週間おきに
毎回場所を変えて施します。
6/21
この全部を色付かせようとすると
樹が終わってしまうので
半分くらい間引き収穫してしまいます。
6/21
枝分かれ箇所では、
必ず 強い枝と弱い枝が出来るので
強い方の枝を支柱に留めていきます。
7/1
どんどん開花し着果していきますが
もっと樹が大きくなるまでは
しっかり間引いて実の数を制限してね。
7/11
1番果と2番果は
イチゴ位の大きさの時にすでに採っていますので
これは3番果です。色付き始めました。
7/14

オクラ

7/16
丸オクラ「島の唄」


すっかり失念しておりましたが・・・
オクラの収穫が
すでに始まっています。

1か所4本仕立てが
株間50~60cmで5株あり、
10~20本の収穫が「毎日」続きます。
とても食べ切れないので
方々に差し上げるのですが、
スーパーに売ってるオクラとは
全く違うネバリと柔らかさで喜ばれ~
断る人はいません、、、笑

オクラを美味しく作るコツは
品種やこまめな施肥もあるけど、
やはり「4本仕立て」にあると思います。
栽培マニュアルなどには
間引いて最終的に1本にすると
よく書いてありますが、
それではゴツくなり過ぎて、
オクラの実までゴツい・・・
オクラは、
ナヨナヨとした女性的なイメージで
育てるのが良いと
私は 40年の経験から提案いたします。

6/11
6/14
そろそろ、1ヵ所4本に間引きます。
7/1
7/8 開花始まる
7/14 本格的な収穫開始
7/16

そのうちに
葉柄の付け根から脇芽が出てきますが、
そちらでも収穫しようと
欲張って育ててみても
頂芽の勢いを削ぐばかりで
結果は良くありません。
脇芽は
見つけ次第に切除した方がベターです。

スイカ

一番美味しい、1番果たち。


少しでも晴れてくれないかなー。
雨続きでなかなか収穫出来ないけど
収穫期日はすでに訪れてて
これ以上、伸ばせない。

せっかくの1番果が、
期待薄です。

仕方ないので収穫しました。味見・・・
あ。やっぱり。2日の採り遅れで、
生り口から繊維が出てき始めています。
果肉の方はまだ大丈夫みたいだけど。
ごちそうさま。

降雨の水分で味が薄いかと思ったけど、
十分、スーパーに売ってるのより甘かったです。
という事は、
もし晴れ続きで収穫出来ていたら・・・
と思うと ちょっと悔しいな。

昆布粉末(アルギン酸)散布の効果だと思うけど
私の作るスイカは
すごく甘くて味が濃くて評判なのだ!
こんな、普通のスイカの味では
期待してる人たちに、
差し上げられないわ~

まだあるからね。そっちに期待しよう。
でも、早く日照を得ないとツルが枯れてしまうわ。
間に合うか?

キュウリ

キュウリの直播き


私のキュウリ栽培はだいたい、
初夏採り(6~7月)
盛夏採り(7~8月)
秋採り(9~11月上)
のリレー栽培で
そのうち 盛夏採りと秋採りの育苗に関しては
低温短日処理を施して
着果数を確保していました。

が、去年こんなのを見つけて・・・


ここ最近作っている
美味しいキュウリ「バテシラズ2号」は
交配種なので 種を採っても
来年同じ形質は望めませんが

この「若緑地這」は
固定種なので
自家採種して毎年栽培できます。
しかも直播きでスタートとか書いてあります。
「霜知らず地這」とかで良くありますが、
地這系は 着果が良くなかったり、
ちょっと苦かったりして
あまり作ってこなかったのだけど
これは「美味しい」らしいから
期待して、作ってみます。

直播きだから、
当然、低温短日処理は無しになるけど
その分、たくさん種を蒔いて
やってみよう・・・

ズッキーニ

7/8

去年は
栽培の途中で折ってしまった
ズッキーニ。
今年は気を付けて
折らないようにするつもりでした。
でも
折っちゃった。

6/3 
「ゼルダ・パワ-」収穫開始。
たしかに、勢いがあって良い感じです。

ズッキーニは軸が延びてくるので
風で株が回されないように
必ず支柱が必要になってくるんだけど
今年は
今までとは違うやり方を・・・
試してみたかったのよね。

7/1
相変わらず、週に4本ペースで収穫は続いています。
さて、そろそろ
今までのやり方の支柱を抜いて
新しい試みの支柱を組んでいきます。


「うーん・・・ここはもう1本要るかな」
と思いながら
「まァ、いいか」で
その日はそのまま家に帰ったのだけど
夜になって
「ありゃ、風が出てきたよ」

そして翌朝、
旦那サンが畑に見に行ってくれ、
「折れてたわ。」と。
自己嫌悪と 来年への思いを
ブツブツ言いながら
家の用事を済ませて
私も畑へ行くと、やっぱりこんな↓だった。

7/8 
あーあ。↓↓↓

来年、もう一度やる。
こんな風に、
新しい試みで ダメになって
途中で収穫が出来なくなっても
今は構わない。
「もっといいやり方が・・・」
やってみたい事は、出来るまでやる。

キュウリ


7月採り用のキュウリとして
GW明けに種を蒔いた
「バテシラズ2号」の収穫が始まりました。
この品種は子ヅル生り性が強く、
元々 生り始めは若干遅めですが
それに加えて
私が、だいぶ葉数が増えるまで
着果させないようにしていました。
その方が、
馬力のある強い株になって、
これから爆発的に生り始めます。
そろそろ、初夏採り用のキュウリが
良果が採れなくなってきたので
こちらにバトンタッチですね。

6/17
まだ着果させません。

雑穀・その他の子実

7/1 着蕾

去年のコリアンダーは・・・
ちょうど今頃、
施肥した後ドイツに10日間程行って、
帰って来たら枯れてたのよね。
今年は同じ失敗はしないぞ!

6/11
真ん中のくぼみは前回ヨトウムシによって全滅した跡。
二度の追蒔きで生長がバラバラ。笑
6/14
去年の失敗から、梅雨に入ってからは
固形の肥料は止めて薄い液肥で施肥することに。
1か所当たりの本数が
少しづつ少なくなってきたけど・・・
6/23
何とか生き残ったものが生長し始めました。
こうなればもう大丈夫。1か所3本に間引きます。
セリ科は最初の生長は緩慢だけど
ここからの展開は早いです。
6/29
葉が広くなり、毎日 目に見えてモサモサ茂り始め
草丈が高くなってきました。
7/1 着蕾

トマト

「大安吉日」の1段目収穫。
毎年思うけど、色付き方が綺麗で育てやすく気に入っています。
種、高いけどね。


初夏採り用のトマトの
1段目と2段目の収穫が始まっています。

6/23
屋根なし区画の「アロイトマト」
4段目で捻枝をしています。
6/27
「マイロック」
「サンロード」
もう少し赤くなってから収穫します。
「コストルート・フィオレンチーノ」
調理用「サン・マルツァーノ」

毎年 不思議に思う事があって・・・

なぜか、「サン・マルツァーノ」だけは
鳥害も虫害も無く
ネットを掛けなくても大丈夫なんだけど
なぜかしら。
それ以外のトマトは
洗濯ネットをかけ忘れると、
こんな事↓になる・・・

カラス害


この内、オオタバコガだけは
実が青いうちから 食害を始めるので
登熟が始まってから
ネットを掛けるでは間に合いませんが~

トウモロコシの近くで
トマトを栽培すると
この虫の被害が大きいです。

ナス

6/25
賀茂ナスの収穫。
「千両2号」「庄屋大長」の収穫も
2・3日前から 始まっています。

去年は
栽培初期で罹患して
早々に終了した賀茂ナス。
差し上げると喜ばれる野菜のひとつなので
つまんなかったのよね。

今年も収穫がスタートしましたが
この農地は
病気よりも虫害の方が苦労しそう・・・

これね。ニジュウヤホシテントウ。

「ナナホシテントウ」は
7つの星(黒丸)があるからナナホシテントウ。
「ニジュウヤホシテントウ」は
28個の星(黒丸)があるから
ニジュウヤホシテントウです。
このニジュウヤホシテントウは、
益虫である「ナナホシテントウ」に似てて、
でも実は
ナスにとって最悪な害虫なので
「テントウムシ騙し」
なんて俗名もあるの。
それが いっぱい居て・・・・。
原因は、
隣一帯を耕作している人が
私のナスの近くで
ジャガイモを作っててね、
たぶんそれだと思う。
ジャガイモが収穫間近になり
葉が黄変し始めた頃、
一斉にナスの方へお引越し。
放っておいたらあっという間に
葉をボロボロにされてしまうので、
テデトール(手で取る事)してます。

6/14
6/21
6/23
6/25

さて、これから ガンガン収穫しますが
ナスは肥料食いなので
花をよーく見ながら しっかり追肥をしてね。
(2019.6.17記事&6.29記事)

ナスの仕立て方には、
①小さな剪定を収穫の都度行い
秋まで中断する事なく収穫し続けるやり方と、
②7月末~8月初旬に
秋ナス収穫のための準備として
一気に剪定し 一旦リセットするやり方
の2種類があり、
(2019.5.29記事)
収穫を始めるにあたっては、
そのどちらかを選ぶことになりますが、

今年は
新農地の開墾や整地を
同時並行で行いながらの栽培ということで
忙しいので 私は②を選択しますが、
①を選択したい人は
去年の記事に
詳しく書いてありますので見て下さい。

雑穀・その他の子実, その他

6/23

ヒマワリが開花しました。
この手の、1本立ちの普通のヒマワリは
標準の作型である4月中下旬播種だと
発芽から40日後に花芽出現。
発芽から2か月後に開花。
・・・ピッタリですね♪
で、
その1か月後に収穫となります。

( 4/22 発根 )
5/24
5/27
5/31
6/1
着蕾です。
これより急激に草丈が伸び始めます。
6/8
6/10
6/17
6/19
6/21
6/23

ともあれ、今年は
アワの栽培に失敗してしまい(6/4記事)
あの仔達の好物のひとつが
無しになってしまったので
せめてヒマワリぐらいは豊作を・・・!

カボチャ

6/23

断続的に降り続く雨の中とはいえ、
他のウリ科作物は
ちゃんと受粉出来てるのに、
何故か なかなか着果しなかった
「ストライプペポ」。
旦那サンは人工受粉の達人だから、
彼のミスでは無いはずで、
ずっと不思議に思っていたのだけど
やっと着果しました。
予定より3週間遅れね。

収穫は 交配日より50日後なので
・・・8/10かぁ~

6/21
雄花の花びらをムシって雄しべだけにして、
雌しべに擦り付ける・・・人工受粉の図。
6/21

メロン


メロンは今のところは
青々と 機嫌よく生長中。

着果した子実も
グレープフルーツ位の大きさになっています。
この後も サイズアップしますので
落果防止のネット(=スイカのネット)
で吊り作業をしました。

そして、
最初の受粉から
明日で2週間になりますので、
カラス対策のネットも装着しました。

6/6
6/8
6/10 受粉4日後
6/11
6/19
落果防止のネットで吊るして3日後、
今度は ひび割れが出来てきました。


受粉後13日目、
トンネルのビニールをはぐってみると、
上の画像↑のように
表面にひび割れが出来てきました。

ネットメロンのネット模様は、
このように玉の肥大に伴って 表面が裂け、
汁がにじみ出てきて
それがゆっくり固まって出来た
カサブタのような物なんですね。
だから、ネットメロンは
生傷のような裂け目に
土の跳ね返りを浴びせたり
雨に濡らしてはイケナイわけ。


・・・とまぁ、ネットメロンは
何かと条件にうるさく
面倒臭い作物なのですが、
私は、
カサブタが出来る特徴を逆手にとって、
こんな(↓下の写真)遊びをしたり・・・

下の写真は 何年か前に栽培した
「パンナTF」というネットメロンですが
実は、
字や絵が書いてあります。
ひびが入り始めた時ぐらいに
割り箸のようなもので
表面にお絵描きをすると、
そこがカサブタになって
それがそのまま絵付きのメロンになるので
プレゼントしたら
たいてい大喜びしてもらえます。

子供の名前が書いてあります~
「レノン」
「マリアージュ」
ビニールトンネルの中だけど、
着果位置が低い4個は
念のためカラス対策用のネットも付けました。

スイカ

6/20

上の画像の4個のスイカは、
6/7~8に着果した
各ツルの1番果です。

1つだけ上方にあるのは、
このツルだけ
2番花で受粉出来ず
3番花(6/8開花)で着果した 1番果だから。
低温でも花粉の出の良い品種を
選んではいますが
やはりハウスでもない限り、
スイカの人工受粉開始は
6月2週目以降というのが正解みたいね。

6/8
2番花で着果。(受粉1日後)
6/17

受粉して10日ほど経つと、
リンゴ位の大きさになってきますので
落果防止策として、
私は 自作のスイカネットで吊っています。
このスイカネットは
とっても簡単に作れ、1度作ると何年も使えるし
家庭菜園を続けるつもりの方なら
頑張って作ってみませんか???

作り方は
2019.6.18の記事でご紹介しています。

去年のカラス被害。
「そろそろ被覆しないと」と思ってたら
その前日にヤラレたの。

さて、去年は
栽培数を多くしたので着果数も多く、
私が カラス対策として多用してる
‟洗濯用ネット”
が足らなくなって、
「明日、100均行って買って来よう」
と思っていたら、
まさに その日に食害に遭って、
非常に悔しい思いをしました。

鳥には、私達人間には見えない色が
見えるのですよね。
登熟してきたら、
その色が表に現れてくるのでしょう、
私は いろんな作物で
この鳥害の失敗を何度も経験していますが
小玉スイカでは
受粉から14日経つと
狙われ始めるようです。

で、明日がその14日目。
雨ばかりで登熟は遅れているだろうと
予想していますが、
去年の二の舞はご免なので
サッサと被せました。

6/20
受粉13日目に被覆。今年はバッチリ☆
6/15
このラベルは牛乳パックで作った短冊。
受粉日を書いて 実の近くにホチキスで留めています。
「80.60.20」は逆さ読みで「令和2年6月8日」
つまり、靴を履いたカラス(泥棒)対策ですな。

インゲン

6/17


半つるありインゲン「サクサク王子」
の収穫が始まりました。
このインゲンは結実肥大期には
特に水を必要としますが
こう 度々雨が降ってくれるので
水遣りだけはラクです♪


このくらい↑までなら
筋も無くて、中の果肉も瑞々しく
とっても美味しいです。

反対に、採り遅れると
筋が張ってきて 中の果肉はスポンジ状になり
噛み応えがあるような硬さに
なってしまうばかりか、
株自体が弱ってしまい、以後は
短果・曲がり果・デコボコ果
しか採れなくなったりするので
よ―――く見て、必死に収穫してね☆

瑞々しい♡
次から次へと花が咲く~
3~4週間のあいだ、
1日おきに この量が収穫出来ます。

トマト


捻枝法のメリットは
早く大きく、美味しく、段数多く収穫出来る事。
分かってはいるけど
服や手が汚れるし面倒臭くて・・・
私も 久し振りの稔枝法です。

これをするには まず、
花房の真下の 強い脇芽を切除せずに
伸ばして育てておかなければなりませんが、
私は、2~3段目からにします。
と言うのは、
1段目からだと、
稔枝した枝に着く果実が
土についてしまうからです。
節間の長短は品種により様々なので
そこはフレキシブルに対応します。

6/6
花房真下の強い脇芽。
普通なら 見付けしだい切除する脇芽ですが
稔枝法を行う場合は、取らずに育てておきます。

さて、では稔枝は
どのタイミングで行うのかと言うと、
花房が2段出現して開花し、
花房1に実が付き始めた頃。
稔枝した枝には 着果による重みで
下垂したままでいて欲しいからね。

6/14
花房1に実が付き始めました。
本当は雨上がり等の水分過多な状態でない方が
曲げる時にポキッと折れにくくてやり易いのだけど
梅雨の真っ最中なので仕方ありません。
では始めます。
「従来の主茎」には2つの花房と、
その先に3枚の葉を付けて ピンチします。
パキパキ メリメリと音がします。

「従来の主茎」の
茎の外側にある道管だけ(師管は潰さない)を
ペンチで丁寧に潰すようにして
ゆっくりと捻じって折り曲げます。

水分を多く吸収した状態の時は
ここでポキッと折れやすいので気を付けてね。
稔枝した「従来の主茎」の方は
脇芽が出てきたら取り除きます。
実の肥大が遅れると
重さが足らず 頭をもたげてきたりしますが気にしない~

これより、今までは
「花房の真下の脇芽」だったのが
「新たな主茎」となるので
こちらに紐を結び替えて、終了。

あとは
花房の真下の脇芽は 取らずに育て、
これを繰り返します。

トマト

6/15
極早生の「マイロック」が一番乗りですね

トマトの1段目は
着果位置が低くて 稔枝に向かないので
そのまま普通に生らせており、
それが
そろそろ熟期を迎えます。

5/20
5/28
6/6
「連続2段摘芯稔枝法」の準備として
第2花房の下の強い脇芽を伸ばしています。
そろそろですね。

そして
忘れてならないのが、
第3花房が開花し始めたら追肥!!
これが遅れたり、忘れたりしたら
樹勢が一気に落ちて
3段目以降のトマトは
途端に美味しくなくなります。

6/10
雨除け用の屋根を付けました。
ビニール屋根とか高価だし面倒臭いので
私は波板派です。
6/14
「アロイトマト」「サンロード」
「サン・マルツァーノ」
「コストルート・フィオレンチーノ」
「マイロック」

ところで、
トマトの1段目は 着果位置が低く、
折角一番美味しいのに(から?)
カラスの食害に遭いやすいですよね。
トマトを守ろうと、株全体を
ネットでぐるっと囲ったりしてる人が
多いみたいだけど、
もっと簡単な方法が。

これ↓、100均の洗濯ネットね。
ファスナーも付いてるし、
これで花房を包んでしまえばラクチンです。

赤くなり始めたら 直ぐに被せてね。

カボチャ

6/14


種子食カボチャ「ストライプペポ」。
あんどんを外してから、
ウリハムシの総攻撃で
一時は 葉がボロボロになったものの、
気温が上がってくると
生長に勢いが出てきました。

ところが、
今月に入って いよいよ
雌花が付き始めていますが
全く着果せず。
第1花は 別に良いとしても、
第2花も第3花も落としている・・・

午前中の気温が足らず花粉が出ないのか?
いやいや、スイカならともかく、
これはカボチャだぞ・・・
しかも 冷涼な北海道で
作られているというのに。

・・・なぜ???

4/23 播種

写真を撮るのを
失念してしまっていますが
記録だけは付けています。
4/25  発芽
5/6   定植

5/14

5/28
6/11
人工受粉は旦那サン担当。(とても上手!)
だけど 何故か
「ストライプペポ」だけ なかなか着果しない。
6/14
これもダメね。
メロンもスイカもズッキーニも
ちゃんと結実してるのに、こんな事初めて。
どうしてなんだろう・・・