ナス


7月末から8月初めにかけては、
恒例のナスの切り戻し剪定。

これは、
生り疲れや害虫などの影響で、
どのみち、良果が収穫出来なくなる8月に
一旦収穫を中断し、株を養生させ、
お盆明けから
再び秋ナスとして 収穫を再開する、
というものです。
3週間ばかりの間 収穫は無くなりますが、
ナスの樹は、
それまでの疲れを一旦リセットできるので
秋ナス収穫時には
充実した良い実が
たくさん収穫出来るようになるので
おすすめです。

7/8
7/14
7/21
7/21
7/31
実を全部取った状態。
テントウムシダマシ害で葉が穴だらけですね。

では、まず、
大きな葉を 全て切り落とし、
実も花も全て除去します。
蕾も除去しますが、
発生したての小さな蕾は
少し(株全体で5個位まで)残します。

そして、
支柱に結んである主枝4本を、
支柱より少し短いぐらいでカットし、

あとは、
主枝4本仕立てを軸に、
全体のバランスと 芽の向きを考えながら
1本の主枝に新芽が4つ程度になるよう
数を調整します。
側枝はこの時に
多くを整理してしまいますが
空間が空いているところにあれば
短く剪定し1~2芽のみ残します。

そして最後に、新根の発生を促すため、
「根切り」をします。
株元から40cmほど離れた所
2~3か所に
シャベルの刃を
まっすぐ垂直に差し入れ、
根の一部を切ります。

さらにその先に
(つまり株元から60cmほど離れた所)
化成肥料 通常の倍の量で施肥し、
しっかりと潅水します。

これは、
地上の更新を大量に行う時には
地下の更新もあることが
望ましいからです。

今回の作業は これで終わり。
あとは、お盆の頃から
1週間おきに3回くらいの施肥、
で、気温的に終了となるでしょう。
    (2019.7.31同記事)

8/1 これが・・・
8/1 こうなる。