ネギ

6/29
まだまだ梅雨が続くみたいで
追肥・土寄せするのも 恐る恐るなのよね・・・


この長ネギ「ホワイトスター」は
ピーマン・パプリカの収穫が始まる8月に
収穫開始の照準を合わせて
定植していますので
そろそろ
追肥と最終土寄せをしたいのだけど
ガッツリと
施肥&土寄せが出来ないでいます。

水はけを得るために
EB-aを撒いたり(2020.3.15&3.18記事)、
すぐ近くに開渠を掘ってはいるけど
根深ネギは過湿に弱いので
梅雨が明けないと不安で・・・

でも基本的にネギって多肥栽培なのに、
このままじゃ
細~いネギしか収穫出来ないで
終わってしまいます。
(熟期を過ぎたら、それ以上置いても
小さいままで硬くなるだけ。)

少しだけ
化成肥料を施肥しました。

5/20
EB-aのお陰で、3日間たっぷり降った後でも
水溜まりは出来なくなりましたが、
乾く間がないので苔が生えています
6/1
6/17
6/29
連日の雨で、草がボーボーです。
これを除草して・・・
6/29
その上に軽く化成肥料を撒いて
少しだけ土を乗せておきました。

トマト

「大安吉日」の1段目収穫。
毎年思うけど、色付き方が綺麗で育てやすく気に入っています。
種、高いけどね。


初夏採り用のトマトの
1段目と2段目の収穫が始まっています。

6/23
屋根なし区画の「アロイトマト」
4段目で捻枝をしています。
6/27
「マイロック」
「サンロード」
もう少し赤くなってから収穫します。
「コストルート・フィオレンチーノ」
調理用「サン・マルツァーノ」

毎年 不思議に思う事があって・・・

なぜか、「サン・マルツァーノ」だけは
鳥害も虫害も無く
ネットを掛けなくても大丈夫なんだけど
なぜかしら。
それ以外のトマトは
洗濯ネットをかけ忘れると、
こんな事↓になる・・・

カラス害


この内、オオタバコガだけは
実が青いうちから 食害を始めるので
登熟が始まってから
ネットを掛けるでは間に合いませんが~

トウモロコシの近くで
トマトを栽培すると
この虫の被害が大きいです。

ナス

6/25
賀茂ナスの収穫。
「千両2号」「庄屋大長」の収穫も
2・3日前から 始まっています。

去年は
栽培初期で罹患して
早々に終了した賀茂ナス。
差し上げると喜ばれる野菜のひとつなので
つまんなかったのよね。

今年も収穫がスタートしましたが
この農地は
病気よりも虫害の方が苦労しそう・・・

これね。ニジュウヤホシテントウ。

「ナナホシテントウ」は
7つの星(黒丸)があるからナナホシテントウ。
「ニジュウヤホシテントウ」は
28個の星(黒丸)があるから
ニジュウヤホシテントウです。
このニジュウヤホシテントウは、
益虫である「ナナホシテントウ」に似てて、
でも実は
ナスにとって最悪な害虫なので
「テントウムシ騙し」
なんて俗名もあるの。
それが いっぱい居て・・・・。
原因は、
隣一帯を耕作している人が
私のナスの近くで
ジャガイモを作っててね、
たぶんそれだと思う。
ジャガイモが収穫間近になり
葉が黄変し始めた頃、
一斉にナスの方へお引越し。
放っておいたらあっという間に
葉をボロボロにされてしまうので、
テデトール(手で取る事)してます。

6/14
6/21
6/23
6/25

さて、これから ガンガン収穫しますが
ナスは肥料食いなので
花をよーく見ながら しっかり追肥をしてね。
(2019.6.17記事&6.29記事)

ナスの仕立て方には、
①小さな剪定を収穫の都度行い
秋まで中断する事なく収穫し続けるやり方と、
②7月末~8月初旬に
秋ナス収穫のための準備として
一気に剪定し 一旦リセットするやり方
の2種類があり、
(2019.5.29記事)
収穫を始めるにあたっては、
そのどちらかを選ぶことになりますが、

今年は
新農地の開墾や整地を
同時並行で行いながらの栽培ということで
忙しいので 私は②を選択しますが、
①を選択したい人は
去年の記事に
詳しく書いてありますので見て下さい。

雑穀・その他の子実, その他

6/23

ヒマワリが開花しました。
この手の、1本立ちの普通のヒマワリは
標準の作型である4月中下旬播種だと
発芽から40日後に花芽出現。
発芽から2か月後に開花。
・・・ピッタリですね♪
で、
その1か月後に収穫となります。

( 4/22 発根 )
5/24
5/27
5/31
6/1
着蕾です。
これより急激に草丈が伸び始めます。
6/8
6/10
6/17
6/19
6/21
6/23

ともあれ、今年は
アワの栽培に失敗してしまい(6/4記事)
あの仔達の好物のひとつが
無しになってしまったので
せめてヒマワリぐらいは豊作を・・・!

カボチャ

6/23

断続的に降り続く雨の中とはいえ、
他のウリ科作物は
ちゃんと受粉出来てるのに、
何故か なかなか着果しなかった
「ストライプペポ」。
旦那サンは人工受粉の達人だから、
彼のミスでは無いはずで、
ずっと不思議に思っていたのだけど
やっと着果しました。
予定より3週間遅れね。

収穫は 交配日より50日後なので
・・・8/10かぁ~

6/21
雄花の花びらをムシって雄しべだけにして、
雌しべに擦り付ける・・・人工受粉の図。
6/21

シソ

奥が自家採種(交雑種)、
手前が購入種(純系種)。→収穫しました。


前回(4/7)の記事で書いたように、
「去年 種採りに失敗したような気がして・・・」
という事で、用心して
自家採種の種ではなく
購入した種を蒔いた私。
でも、その真偽を確かめるべく、
極めて交雑が疑わしい自家採種の種も
蒔いてみることに。
すると・・・

6/21
購入した種からの栽培。
美味しそうですよね。この後、収穫しました。
6/21
交雑が疑わしい自家採種の種からの栽培。
花まで咲いてしまっていますね。
この後、処分しました。

メロン


メロンは今のところは
青々と 機嫌よく生長中。

着果した子実も
グレープフルーツ位の大きさになっています。
この後も サイズアップしますので
落果防止のネット(=スイカのネット)
で吊り作業をしました。

そして、
最初の受粉から
明日で2週間になりますので、
カラス対策のネットも装着しました。

6/6
6/8
6/10 受粉4日後
6/11
6/19
落果防止のネットで吊るして3日後、
今度は ひび割れが出来てきました。


受粉後13日目、
トンネルのビニールをはぐってみると、
上の画像↑のように
表面にひび割れが出来てきました。

ネットメロンのネット模様は、
このように玉の肥大に伴って 表面が裂け、
汁がにじみ出てきて
それがゆっくり固まって出来た
カサブタのような物なんですね。
だから、ネットメロンは
生傷のような裂け目に
土の跳ね返りを浴びせたり
雨に濡らしてはイケナイわけ。


・・・とまぁ、ネットメロンは
何かと条件にうるさく
面倒臭い作物なのですが、
私は、
カサブタが出来る特徴を逆手にとって、
こんな(↓下の写真)遊びをしたり・・・

下の写真は 何年か前に栽培した
「パンナTF」というネットメロンですが
実は、
字や絵が書いてあります。
ひびが入り始めた時ぐらいに
割り箸のようなもので
表面にお絵描きをすると、
そこがカサブタになって
それがそのまま絵付きのメロンになるので
プレゼントしたら
たいてい大喜びしてもらえます。

子供の名前が書いてあります~
「レノン」
「マリアージュ」
ビニールトンネルの中だけど、
着果位置が低い4個は
念のためカラス対策用のネットも付けました。

スイカ

6/20

上の画像の4個のスイカは、
6/7~8に着果した
各ツルの1番果です。

1つだけ上方にあるのは、
このツルだけ
2番花で受粉出来ず
3番花(6/8開花)で着果した 1番果だから。
低温でも花粉の出の良い品種を
選んではいますが
やはりハウスでもない限り、
スイカの人工受粉開始は
6月2週目以降というのが正解みたいね。

6/8
2番花で着果。(受粉1日後)
6/17

受粉して10日ほど経つと、
リンゴ位の大きさになってきますので
落果防止策として、
私は 自作のスイカネットで吊っています。
このスイカネットは
とっても簡単に作れ、1度作ると何年も使えるし
家庭菜園を続けるつもりの方なら
頑張って作ってみませんか???

作り方は
2019.6.18の記事でご紹介しています。

去年のカラス被害。
「そろそろ被覆しないと」と思ってたら
その前日にヤラレたの。

さて、去年は
栽培数を多くしたので着果数も多く、
私が カラス対策として多用してる
‟洗濯用ネット”
が足らなくなって、
「明日、100均行って買って来よう」
と思っていたら、
まさに その日に食害に遭って、
非常に悔しい思いをしました。

鳥には、私達人間には見えない色が
見えるのですよね。
登熟してきたら、
その色が表に現れてくるのでしょう、
私は いろんな作物で
この鳥害の失敗を何度も経験していますが
小玉スイカでは
受粉から14日経つと
狙われ始めるようです。

で、明日がその14日目。
雨ばかりで登熟は遅れているだろうと
予想していますが、
去年の二の舞はご免なので
サッサと被せました。

6/20
受粉13日目に被覆。今年はバッチリ☆
6/15
このラベルは牛乳パックで作った短冊。
受粉日を書いて 実の近くにホチキスで留めています。
「80.60.20」は逆さ読みで「令和2年6月8日」
つまり、靴を履いたカラス(泥棒)対策ですな。

ショウガ

「1枚目の葉が開く頃に」と書いたのに
既に5~6枚の葉が開いてしまってますが。
やっと梅雨の中晴れになりましたので、
1回目の追肥をし、土を乗せます。
その上に少しワラを乗せました。

ショウガの1回目の追肥は
たいてい、
梅雨の中休み(中晴れ)期
になる事が多いと思います。
梅雨が明け、猛暑がやって来たら
いよいよショウガは
肥大期に入りますので
この追肥は 遅れずに行います。


【追肥 1回目】
油粕       300g/㎡
アグロ加里     30g/㎡

そして
ショウガの追肥は
土を掘って施肥するのでは
根茎を痛める危険性が高いので
肥料は上に撒いて、
1回目の追肥時は 土を、
2回目以降は
土ではなく、ワラや刈草などを
その上に乗せていくようにします。
これは土寄せを兼ねていて、
大きく、形よく、柔らかく風味豊かな
ショウガを得るためのコツよ。

6/7
6/10
6/19

ヤマイモ

6/19
1回目の追肥


4/17に発芽を確認した
短形ヤマイモ「ネバリイモ」。

6月下旬頃までは
種芋の養分と元肥で育ちますが、
そろそろ追肥のシーズンです。
肥切れを起こすと
芋にエグ味が出たり、
アクが強くなったりで良くないので
梅雨が明けてグングン伸び始める前に
必ず追肥を済ませます。


【追肥】
油粕         150g/㎡
アグロ加里      30g /㎡

4/17 発芽確認
あっという間に蔓が延びてきて、
空中でゆらゆらし始めるので
折れないように 早めに支柱を立てて 添わせます。
5/3
支柱を組み上げました。
5/12
5/20
5/24
5/28
6/10
明日から梅雨入りとの事。
過湿が懸念される畑なのでワラを少し乗せました。
6/19
明日から‟梅雨の中休み”で、
しばらくの間 晴れが続くとの事。
ちょうど良いので1回目の追肥しました。

インゲン

6/17


半つるありインゲン「サクサク王子」
の収穫が始まりました。
このインゲンは結実肥大期には
特に水を必要としますが
こう 度々雨が降ってくれるので
水遣りだけはラクです♪


このくらい↑までなら
筋も無くて、中の果肉も瑞々しく
とっても美味しいです。

反対に、採り遅れると
筋が張ってきて 中の果肉はスポンジ状になり
噛み応えがあるような硬さに
なってしまうばかりか、
株自体が弱ってしまい、以後は
短果・曲がり果・デコボコ果
しか採れなくなったりするので
よ―――く見て、必死に収穫してね☆

瑞々しい♡
次から次へと花が咲く~
3~4週間のあいだ、
1日おきに この量が収穫出来ます。

トマト


捻枝法のメリットは
早く大きく、美味しく、段数多く収穫出来る事。
分かってはいるけど
服や手が汚れるし面倒臭くて・・・
私も 久し振りの稔枝法です。

これをするには まず、
花房の真下の 強い脇芽を切除せずに
伸ばして育てておかなければなりませんが、
私は、2~3段目からにします。
と言うのは、
1段目からだと、
稔枝した枝に着く果実が
土についてしまうからです。
節間の長短は品種により様々なので
そこはフレキシブルに対応します。

6/6
花房真下の強い脇芽。
普通なら 見付けしだい切除する脇芽ですが
稔枝法を行う場合は、取らずに育てておきます。

さて、では稔枝は
どのタイミングで行うのかと言うと、
花房が2段出現して開花し、
花房1に実が付き始めた頃。
稔枝した枝には 着果による重みで
下垂したままでいて欲しいからね。

6/14
花房1に実が付き始めました。
本当は雨上がり等の水分過多な状態でない方が
曲げる時にポキッと折れにくくてやり易いのだけど
梅雨の真っ最中なので仕方ありません。
では始めます。
「従来の主茎」には2つの花房と、
その先に3枚の葉を付けて ピンチします。
パキパキ メリメリと音がします。

「従来の主茎」の
茎の外側にある道管だけ(師管は潰さない)を
ペンチで丁寧に潰すようにして
ゆっくりと捻じって折り曲げます。

水分を多く吸収した状態の時は
ここでポキッと折れやすいので気を付けてね。
稔枝した「従来の主茎」の方は
脇芽が出てきたら取り除きます。
実の肥大が遅れると
重さが足らず 頭をもたげてきたりしますが気にしない~

これより、今までは
「花房の真下の脇芽」だったのが
「新たな主茎」となるので
こちらに紐を結び替えて、終了。

あとは
花房の真下の脇芽は 取らずに育て、
これを繰り返します。

トマト

6/15
極早生の「マイロック」が一番乗りですね

トマトの1段目は
着果位置が低くて 稔枝に向かないので
そのまま普通に生らせており、
それが
そろそろ熟期を迎えます。

5/20
5/28
6/6
「連続2段摘芯稔枝法」の準備として
第2花房の下の強い脇芽を伸ばしています。
そろそろですね。

そして
忘れてならないのが、
第3花房が開花し始めたら追肥!!
これが遅れたり、忘れたりしたら
樹勢が一気に落ちて
3段目以降のトマトは
途端に美味しくなくなります。

6/10
雨除け用の屋根を付けました。
ビニール屋根とか高価だし面倒臭いので
私は波板派です。
6/14
「アロイトマト」「サンロード」
「サン・マルツァーノ」
「コストルート・フィオレンチーノ」
「マイロック」

ところで、
トマトの1段目は 着果位置が低く、
折角一番美味しいのに(から?)
カラスの食害に遭いやすいですよね。
トマトを守ろうと、株全体を
ネットでぐるっと囲ったりしてる人が
多いみたいだけど、
もっと簡単な方法が。

これ↓、100均の洗濯ネットね。
ファスナーも付いてるし、
これで花房を包んでしまえばラクチンです。

赤くなり始めたら 直ぐに被せてね。

カボチャ

6/14


種子食カボチャ「ストライプペポ」。
あんどんを外してから、
ウリハムシの総攻撃で
一時は 葉がボロボロになったものの、
気温が上がってくると
生長に勢いが出てきました。

ところが、
今月に入って いよいよ
雌花が付き始めていますが
全く着果せず。
第1花は 別に良いとしても、
第2花も第3花も落としている・・・

午前中の気温が足らず花粉が出ないのか?
いやいや、スイカならともかく、
これはカボチャだぞ・・・
しかも 冷涼な北海道で
作られているというのに。

・・・なぜ???

4/23 播種

写真を撮るのを
失念してしまっていますが
記録だけは付けています。
4/25  発芽
5/6   定植

5/14

5/28
6/11
人工受粉は旦那サン担当。(とても上手!)
だけど 何故か
「ストライプペポ」だけ なかなか着果しない。
6/14
これもダメね。
メロンもスイカもズッキーニも
ちゃんと結実してるのに、こんな事初めて。
どうしてなんだろう・・・

その他の葉・花野菜, 資材, 健康

6/10
そろそろ、摘芯を兼ねて1回目の収穫をしようかな~

と、思っていた所に
「翌日13日は一日中 雨」
との予報を知った12日の夕暮れ。

6/12
葉柄2・3枚を残して 蔓先を摘芯。
6/12
有効成分が最も多く在る
若い葉だけを摘んで よく洗い、
毎度おなじみの食品乾燥機「プチマレンギ」
に投入しました。

この食品乾燥機「プチマレンギ」は
ヨーグルト、チーズ、鰹節、干し椎茸 等の
業界で使用されている乾燥機のメーカー
東明テック株式会社が
家庭用に製造した、本格派の食品乾燥機。
温度設定とタイマー付き、は
食品乾燥機たるもの当然ですが、
1℃きざみの温度設定が出来、
独自のセンサーで
温度低下時にだけ稼働し、とても省エネ。
かつ 小刻みにon-offを繰り返し
設定温度を極めて正確に忠実に保つ。
この、温度に関して狂いがないのが
さすが
プロ用のメーカーが作った物だと感じます。
その上、乾燥作業は
フィルターを通したきれいな空気で行い、
出来上がりまでの時間が一目でわかる
・・・と、
今まで使った事のある乾燥機の中で
一番高価ですが、一番ストレスが無く、
大変満足して使っております。

あと、
温度を保つ機能が優れているので
ヨーグルトなども上手く作れるのでしょうね、
専用トレーも付属していますが
これに関しては
私はまだ使った事がありません~




さて、
干し上がったようです。。。

6/14
カラカラサクサクに干し上がりました。
製粉機「よめっこさん」に入れやすいよう、
手で軽く砕いておきます。

次は、家庭用の製粉機「よめっこさん」。
ハンドブレンダーより、
フードプロセッサーより、
ミルミキサーより強力で、
抹茶級の微細な粉に出来ます。
どれくらい微細かというと、
粉砕後、ふたを開ける時、
超微細な粉が 煙のように
ゆらゆらと空気中に立ち上るほどです。

あと、
他社のも色々あるけど(知ってるけど)、
1万円以内で買えて、
部品が少なく、洗うのがラクで、
真面目な会社が地味に作ってて壊れない。
家庭用ならこれで十分です。

6/14


キュウリ


ちなみに、
7月採り用として植えた「バテシラズ2号」は
まだ こんな感じです。

この品種は
子ヅル生り中心の 飛び節生り性なので
ひとつのタワーに1株でも良かったかな・・・
ツルをぐるぐる回し這わせていくと
混み混みになってしまいそうね。

キュウリ

節生り性の「なるなる」


今年のリレー栽培
初夏採り用・7月採り用・秋採り用 のうち、
初夏採り用の3種類
「フリーダム」「なるなる」「シャキット」
の収穫が始まっています。


この後、
「フリーダム」の1本が
ハスモンヨトウの食害により消滅。
そう、「フリーダム」って、
美味しいから
虫害に遭いやすいのよね・・・
ウリハムシも この品種にばかり
集ってる気がします。

欠株となった箇所には、
近くのH.Cで
「シャキット」の大苗があったので
これを補植しました。
「シャキット」は
四葉(スウヨウと読みます)系の 独特の風味

昔ながらのキュウリの歯触り
が特徴の
美味しいキュウリです。
私もこの品種は
何年振りかの栽培ですが
H.Cで見つけて ちょっとウレシイ・・・

大苗なので
初期生育に勢いがあります。

5/31
左は「フリーダム」右は「シャキット」
6/8
6/12

「フリーダム」「なるなる」は
節生り性ですが
「シャキット」は
飛び節生り性です。

メロン, スイカ


スイカとメロンの果実が
そろそろ鶏卵ほどの大きさに
なろうとしています。
そろそろ実止まりしたと思うので
追肥をしますが、
私は
果樹の類や スイカやメロンには
実を甘くするために魚粉を使います。

他にも、
甘くするためのオプションとして
有効と思われるものには
フコイダン(昆布由来)の葉面散布、
アルギン酸(海藻由来)の葉面散布、
キトサン(蟹殻由来)の葉面散布・潅注
(私はどれも試したことがあります)
などもありますが、
追肥(実肥)を魚粉にするだけでも
十分に効果があると思います。

スイカ「紅こだま」
メロン「マリアージュ」


でもね、
面倒臭くない方は
上記の葉面散布も ぜひお試しあれ。
今が 適期です。

私のお気に入りは
アルギン酸 or キトサンかな。
一般的な肥料からすると ちょっと高いけど、
特に アルギン酸は
希釈倍数が高く、少量ずつしか使いません。
なので
1回買うと家庭菜園規模では
一生かかっても
使い切れないんじゃないかと
思うくらい減らないので、
(保存の際は 湿気に注意)
 これからも ずっと
菜園人を続けるつもりの方は、
買っておいても良いんじゃないかな。



その他の葉・花野菜

6/11


オカヒジキが草丈15cmほどになりました。
柔らかく育てるために
密植してあるんだけど、
それでもなんか、
シッカリ育ち過ぎな感じ・・・・
やっぱり
もう少し早く(4月下旬)に蒔くべきね~

オカヒジキは 葉の付け根から
どんどん脇芽が出てきますので、
下に葉を何枚か残すようにして
柔らかい先端部分だけを収穫すれば
繰り返し何度でも収穫出来ます。

5/21
5/28
6/1 頂芽を摘芯
6/11
軽く茹でてシャリシャリ食感のお浸しに。
豚しゃぶに添えて、ゴマだれで食べました。

インゲン


半つる性インゲン「サクサク王子」
が着蕾し、開花しました。
実が付き始めると
重たくなって倒れやすくなるので、
蕾が付いた時点で
支柱に軽く結ぶようにした方がいいです。
インゲンの花は
触れただけでポロッと
落花しやすいので
花が咲いてからだと作業が辛いですから。

そして、
インゲンに限らず
落花生、枝豆、キヌサヤやソラマメ等
マメ科全般に言える事ですが、
受粉・結実・肥大時には乾燥厳禁。
しっかり水やりをしないと
落花が多くなり、
結実済みの子実は伸びがわるくなります。

5/28 着蕾
5/31
6/3 開花
6/8
莢が付き始めました。
6/10